【美魔女のくびれ作り②】サンバで美くびれ!高見由貴さんのおうちトレーニング

年齢不詳の美くびれを保っている美魔女たちは、みんなセルフトレーニングの達人。おうち時間もなんのその、今回は変わらぬウエストを守り抜くサンバダンサーの高見由貴さんの工夫をご紹介します。

サンバは腰が命! 自然とくびれも保てるんです

教えてくれたのは……サンバダンサー 高見由貴さん(43歳)
毎日欠かさないサンバの練習が、しなやかで迫力のある筋肉を育てます。また、常に鏡で体のラインや姿勢をチェック。良い変化も悪い変化も見逃さないようにすることで美くびれをキープしています。無駄な脂肪を溜め込まないために低糖質の食事も心がけています。

【おうちトレ①】隙あらば腰を回しサンバエクササイズ

少し腰を落として脚を肩幅に開き、上半身は動かさず腰だけを大きく回すサンバの動き。慣れるまでは前後左右に動かすだけでもOK。料理中や歯磨き中など、空き時間に座らず立ち、腰を回してウエストを絞ります。

【おうちトレ②】腸内環境を整えデトックスして便秘を防止

食物繊維を多く摂るため、オートミールを活用します。最近のお気に入りはオートミールで作るリゾット。新鮮な野菜でビタミンもたっぷりと摂ります。

【おうちトレ③】3つの筋肉を毎日鍛え上げて迫力の美くびれに

手と脚を椅子にのせ、直角に体を折りダンベルを上下に。上:肘とつま先で全身を支える(プランク)。下:脚を90度に上げ膝を曲げあおむけに。上体を少し起こし、片脚を伸ばして対角に体をねじる。つらいと感じてからさらに2~3回追い込む。

【おうちトレ④】たんぱく質・脂質・糖質のPFCバランスを意識

ダイエットアプリ「カロミル」で毎日の栄養バランスを管理。1㎏の体重増加を見逃さず、その日のうちにコントロールするのが美ボディを保持するコツです。
2020年『美ST』9月号掲載
撮影/オノデラカズオ、山口陽平 ヘア・ メーク/甲斐美穂〈ROI〉、岩崎真美子 取材・文/金子美智子、八尾美奈子 編集/佐々木 遼