「住友重機械工業」オープンソースのロボット開発環境ROSのユースケースを紹介する、協働ロボット Sawyer (ソーヤー) の 30分ウェブセミナーを9月30日に開催

住友重機械工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役, CEO:下村真司)は、「【コーヒーブレイク】“これって面白い!” 赤いロボットSawyer(ソーヤー)の30分ウェビナー」を9月30日に開催いたします。 <実施概要> ・イベント名:【コーヒーブレイク】“これって面白い!”赤いロボットSawyer(ソーヤー)の30分ウェビナー ・開催日:2020年9月30日(水) 12:50 受付開始、13:00開演 ・会場名:オンライン (お申込者に接続URLを送ります) ・申し込み方法:https://info.shi-mechatronics.com/l/845523/2020-09-10/5s3qp ・参加費:無料

教育機関、研究機関は必見です!実験環境では安全性の確保は極めて重要な問題です。
Sawyerは安心して自身の研究課題に没頭いただける環境をご提供します。
ばね構造と柔らかい関節が、万一衝突があったときも、弾んで衝撃を柔らげます。
その秘密をご視聴ください。ユースケースもご紹介します。

Intera SDKを利用する事でROSのインターフェイスが使えるようになります!
これによって学生が作ったオリジナルのソフトウエアでロボットを自由に動作させることが可能になります!

ユーザーが作ったソフトウェアは、ロボットにインストールするのではなく、ユーザのPCの上で動作させます。ロボットとユーザのPCをIntera SDKのROSインターフェイスを使って、簡単に接続でき、かつ動作させることが可能です。
※ROS自体は、ロボット内部で固定されている機能でユーザからは変更不可です。

関連のプレスリリースはこちら
→ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000058646.html動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へPR TIMES TVトップへ