日本人はほぼ全員不足気味!【ビタミンD】を摂ればがん・高血圧予防にも骨にも効く!

日本人の約8割はビタミンD不足。ビタミンDは主に紫外線を浴びることで体内で生成されるけれど、なかなか日に浴びない日本人は慢性的に不足気味なんです。がん予防をはじめ、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善にも役立つビタミンDの知識を再確認しましょう。

日本人はビタミンD不足、日焼け止めを塗らずに日光を浴びて

南極でオゾンホールが発見されてから、紫外線を避ける生活習慣へと変化し、日本人の8割はビタミンDが足りず、欠乏症も増えています。ビタミンDを生成するには紫外線が必要です。適度に日光を浴びましょう。ビタミンD不足は骨への影響以外に、がんリスク、高血圧、糖尿病、うつ、自己免疫疾患など多くの病気の原因となっています。

\POINT/
☑ 1日トータル30分は腕など日焼け止めを塗らずに日光浴(東京、夏)
☑ 食事とサプリで1日4,000IU(100μg)摂る
☑ がん予防には30分以上の日光浴と1日5,000IUのサプリを

●ビタミンDとは……紫外線を浴びることで皮下で作られ、全身に働きかける

紫外線を浴びることで皮下で作られ、全身に働きかける日光を浴びると皮下のコレステロールからビタミンDを合成されますが、日焼け止めを塗布していると紫外線がブロックされるため作られません。

●ビタミンDとは……カルシウムとリンの吸収率を上げて骨を丈夫にする

骨の発達に不可欠なカルシウムをたくさん摂っても、ビタミンDがないと吸収率は10~15%ほど。ビタミンDが十分にあれば30~40%も上がります。

●ビタミンDとは……免疫機能をサポートする多くの研究結果が報告。ウイルス対策に期待

体内に侵入した細菌やウイルスなど異物に対する防御反応をサポートし、自身の免疫システムを高めます。インフルエンザや感染症などの予防に。

ビタミンD血中濃度と病気の関係が明らかになっています

深刻なビタミンD不足は様々な病気の原因になります。朝日は日焼け止めを塗らずに浴びましょう。ビタミンDの血中濃度が20㎍/㎖以下だと大腸ガンリスクが増加し、30㎍/㎖以下だと骨粗鬆症の進行、うつなどの病気が増えますが、50㎍/㎖以上だとがんの発症率が低下します。日光浴、サプリ、食事でビタミンDを摂りましょう。
教えてくれたのは……星子クリニック 院長 星子尚美先生

日光浴やタンニングマシンでビタミンDを積極的に摂取する

日本のがん死亡率はこの30年で倍増しています。乳がんになりやすい人の血中濃度の調査では98%がビタミンD不足と判明。欧米人に比べて日光にあたる量が極端に少ないのが原因と考えられます。タンニングマシンで赤みが生じない紫外線を浴びることでサプリの数倍のビタミンDが生成され病気予防が期待できます。
教えてくれたのは……ナグモクリニック 総院長 南雲吉則先生

ビタミンDの生成を妨げない画期的な日焼け止めが日本上陸

特許製法により紫外線から肌を守りながら皮膚上でビタミンDを生成。ソーラー エブリデイ・アクティブ SPF50 100㎖ ¥2,700(アンブロシア)

光老化が心配で日光浴が苦手ならサプリで摂ること

1日分(30粒)にビタミンDが81㎍摂れる。栄養成分59種類以上の健康食品。サン・クロレラ A(粒)900粒 ¥8,900(サン・クロレラ)
ビタミンD研究の第一人者斎藤糧三先生による初の国産として発売。VD1000(120カプセル)1カプセル25㎍(1,000IU) ¥5,000(日本機能性医学研究所)
南雲吉則先生が監修した理想的な栄養バランスが摂れるサプリ。1日4粒でビタミンD100㎍(4,000IU)。ALLINONE(120粒) ¥10,000(命の食事)
ビタミンD欠乏症に。体に優しいベジタブルカプセル入り。VITAMIN D5000 1粒5,000IU (120粒)朝食後に1日1粒。¥5,000(星子クリニック)

ビタミンDは脂溶性食事からの摂取は動物性食品が効率いい

魚介類や卵黄、きのこ類から摂れます。紅ざけは38㎍/100g、いくらは44㎍/100g。きくらげなどきのこ類は油で炒めると吸収率がUPします。
2020年『美ST』10月号掲載
撮影/奥山栄樹、中林 香、五十嵐 洋 取材/浦崎かおり、金子美智子、楠沢順子、西岡直美 編集/佐久間朋子