世界シェアNo.1*光美容器で40代からおうちムダ毛ケアはじめます!

ホームケアに注目が集まっているこのご時世、サロンに通うイメージが強かったムダ毛ケアもおうちでしたいと思う人が増えています。これから始める人にオススメしたいのが、世界35カ国で販売され世界シェアNo.1の光美容器「ルメア プレステージ」。使いやすい工夫が盛りだくさんで、腕や脚など見えるところだけでなくアンダーヘアまで、初心者でも全身のケアが簡単に叶います!秋冬から始めて、来年の春までにツルピカ肌を手に入れて。
* 小売金額ベース、光美容器カテゴリーにおいて:2019年 フィリップス調べ
初心者も経験者も、
「できればおうちで、でも難しい」
がムダ毛ケアの本音です
\ 未経験 /
たぐちまいこさん(43歳)
TEAM美魔女/会社員
第7回美魔女コンテストでは、出産後わずか100日でファイナリストとしてステージに立ち、第10回ではレジェンド美魔女として出場した、5歳と3歳の2児のママ。普通の毎日を生き生きと過ごす美容法を提供する、インスタグラマーでもある。
いつかは全身ムダ毛ケアをと思いながら、痛そう、時間がかかりそう、暇がない……とズルズルカミソリでの自己処理を続けてきました。子供も小さく、定期的なサロン通いが必要なムダ毛ケアは負担。一方で自己処理も、肌が弱いためトラブルや色素沈着の怖さが年々高まるように。こうなったらセルフでマシンしかないと、時々家庭用の光美容器情報をチェックしていましたが、なかなか踏み切れずにいました。この度思い切って挑戦してみます!
\ 美魔女インスタ投稿中!/
\ 脇だけ経験済み /
小宮山順子さん(44歳)
ローフードマイスター
第6回美魔女コンテストグランプリ。発酵コンブチャマイスターでもあり、コンブチャセミナーやファスティングセミナーなど食に関わる講師として活躍。ベストオブミス埼玉大会理事、審査員として、女性の美をトータルで指導する。
若い頃脇はサロンで処理をしましたが、最近になってまた気になり始めて困っていました。アンダーヘアはやはり、サロン処理のハードルが高く、セルフで対処できるなら恥ずかしくないのでこれを機にチャレンジすることに。ムダ毛ケアを続けることでツルツル肌になると聞いたので1台で何度もおいしい。肌の露出が少ない秋冬の間に綺麗になって来春に備えたいです。
\ 美魔女インスタ投稿中!/
\ 今もサロン通い中 /
吉澤麻希子さん(43歳)
塾講師
第10回美魔女コンテストファイナリスト。フラメンコが長年の趣味で、バランスのいいボディライン、踊りの表現力が自慢。フラメンコでは美しいボディでありたいので、サロンでのムダ毛ケアにトライしたこともあるが、考えている以上に回数を重ねなければならず途中で挫折。
以前に脇だけは処理済み。途中で挫折してしまった箇所があり、手脚のように広範囲のムダ毛ケアは、完全に終了するまで長期間を要し繰り返しサロン通いが必要なので、根気と努力がなかなか続きにくかったです。さらにこのご時世でサロン通いはできるだけ控えたいと思うようにも。なのでホームケアで完結する光美容器は救世主!紫外線が気にならない秋冬期間に、ツルスベ肌を目指したいです。
\ 美魔女インスタ投稿中!/
世界シェアNo.1*を誇る光美容器ルメアシリーズの最上位機種「ルメア プレステージ」。顔やボディ、アンダーヘアなど広範囲に使用でき、からだ用、顔用、脇用、ビキニエリア用のアタッチメントが付き、約25万回の照射が可能。スマートスキンセンサーが適切な出力を自動調節してくれるので初心者にも安心です。ルメア プレステージ¥63,500[編集部調べ]
* 小売金額ベース、光美容器カテゴリーにおいて:2019年 フィリップス調べ
※Amazonサイト内フィリップスブランドページへリンクします。
Q.
自分だとうまく使えなさそうで、心配です。
A.
出力レベル自動調整や
誤照射防止機能搭載だから
誰でも簡単お手入れ
ルメア プレステージは、誰でも簡単に使えるようなデザイン設計。「スマートスキンセンサー」が各々の肌色を感知して、肌に当てるだけで出力レベルを自動で判定。続いてボタンを押し、照射ウィンドウを肌に直角に優しく当てるだけ。正しく当てると「準備完了」ランプが点灯し、正しく当たっていない場合は照射スタートしないため、誤照射を防ぐことができます。
Q.
アンダーヘアなど全身にも使えますか?
A.
アタッチメントを変えることで
最適なお手入れができます※1
各部位に最適なアタッチメントを選ぶことができるので、部位に合ったムダ毛ケアができ効果も長続きします。アタッチメントは4種類あり、ボディは大きなウィンドウで素早く、脇はコンパクトに狙い打ち、アンダーヘアは細長ウィンドウでピッタリフィット、フェイスは最小ウィンドウで細やかな照射ができます。アタッチメントを付け替えるだけで、それぞれの部位に最適な照射パワーに調整されるので効果を感じやすく、ムダ毛ケアが素早く進み、なめらかな美肌もゲットできます。
※1 使用できない箇所:目の周り、眉毛の周り、耳、乳首、乳輪、へそ内部、小陰唇、膣部、肛門。男性はこれらに加えて顔全体、男性器には使用しないでください。
Q.
途中で挫折しそうで不安。どれくらいで変化を実感できますか?
A.
わずか3回のお手入れ、
1カ月半で変わります!
お手入れの頻度は2週間に1回の照射が基本。1回の照射時間は、全身に使って10~15分程度と楽々です。たった3回のお手入れで、最大92%※2のムダ毛が目立たなくなります。効果が感じられるようになったら、月2回を月1回に減らし、次は2~3カ月に1回に減らします。お手入れを続ければ、効果は最大で6ヵ月持続※3
※2 初回4〜5週間の使用後、両脚での計測結果。結果は個人により異なります。
※3 12回のお手入れ後(フィリップス調べ)
Q.
光美容器は高いイメージ。元が取れるのでしょうか?
A.
約20年相当分のお手入れができるから
コスパ抜群!
「ルメア プレステージ」の照射可能回数は約25万回。全身のお手入れには、約500回分照射するため、月平均2回のお手入れをした場合でも、約20年相当のお手入れが可能で、コスパ抜群! 長く使える分、買うなら早ければ早いほどよいです。同時にムダ毛ケアによって化粧ノリがよくなるなど、さらに美容に嬉しい効果も叶うと考えれば、むしろお得と言えます。
※Amazonサイト内フィリップスブランドページへリンクします。
初回は、肌に当てるとき色々と角度を変え、「準備完了」ランプが点灯する角度を確認しながらやってみました。2回目以降はコツがわかるのでどんな人でも簡単に操作できそう。脇にもしっかりフィット。
「肌色チェック→出力モード設定→照射」たったこれだけの簡単操作でOK。膝下、脇、肘下など各2分程度で終了します。想像していた痛み、面倒さはなく、こんなに簡単に狙った部位を安全に確実に処理してくれるなら、もっと早く使えばよかった! 簡単すぎて拍子抜けするくらい。肌への負担は最小限に最大の効果を得られるので、肌が弱めの私にも優しく、1回使うと使い方のコツもすぐ覚えられ、2回目からは直感的にサクサク操作でき週末の楽しみになっています。
* 小売金額ベース、光美容器カテゴリーにおいて:2019年 フィリップス調べ
他人の目を気にせず、リラックスしてケアできるのが嬉しい。テレビを見ながら使えるので億劫に感じることもなく、楽に綺麗になれる優れもの。顔まで抜かりなくケア。
痛みというより軽い刺激があり、ゴムでパチンとはじくくらいの感触です。1回目より2回目のほうが感じ方もマイルドになりました。スマートスキンセンサーが出力レベルを自動で判定してくれるので、安心して手軽に全身に当てられて使い勝手がとてもいいです!繰り返し使うことで、全身の肌がツルツル美肌になってくれるので、コツコツ努力するのが楽しくなります。
指などの細かいパーツにもピンポイントで使えて驚き!充電式ではないので、ケアしたいと思ったその時にすぐ使えるのも嬉しい。コードも長くてどこでもお手入れできます。
ツルツル美肌になるために必要なことは継続してケアできること。取扱説明書通りに使えばとても分かりやすく、初めてでも簡単。コツを覚えてしまえばたった15分で手脚などの広範囲な場所もケアできてしまうので、隙間時間にパパっと終えられ、サロンにわざわざ行くより格段に楽で続けやすいです。今ケアしたいところを自由に重点的に狙えるので、コスパもいい。手や足の指までお手入れでき、感触はサロンで行うのと同じように少し熱く感じる程度だったので、慣れてしまえば何ともありませんでした。
※楽天内ルメア プレステージ紹介ページ へリンクします。
ルメアシリーズは全3種類。あなたにぴったりのルメアを探してみてください。左から:肌のなめらかさの実感度合いは最上位機種ならでは。ルメア プレステージ¥63,500、最長で3カ月※3効果が持続。ルメア アドバンス¥48,690、コンパクトなサイズでより手軽さを求める人に。最長で2カ月※3効果が持続。ルメア エッセンシャル¥29,340、光美容器でお手入れする前には、小回りの利くサイズのレディースシェーバーでムダ毛処理。サテンコンパクト¥2,260 ※価格はすべて編集部調べ
限定キャンペーンはこちらから
10/5(月)~10月末まで、おうちムダ毛ケア応援♡キャンペーンを開催!
ルメア アドバンスが10,000円 off, ルメア エッセンシャルが、3,500円 offになるクーポンが使える嬉しいキャンペーン!
※Amazonサイト内フィリップスブランドページへリンクします。
 
お問合わせ先/フィリップス・ジャパン
TEL:0120-944-859
https://www.philips.co.jp
取材/金子美智子