大谷美子~Daily diary~病と向き合いながら、しなやかに『今を生きる』

『美ST』2020国民的美魔女コンテストファイナリスト 大谷美子です。

この度、第11回国民的美魔女コンテストファイナリストになりました。
大谷美子です。
41歳シングルマザーです。

この日はお天気が良く気持ちの良い秋晴れでした。
私には365日24時間、身体に強い痛みがあります。
私は線維筋痛症という病気と闘病しています。

でも友達が楽しませてくれるから笑っている間は不思議と痛みも遠のく。
みんなが魔法をかけてくれる貴重な時間。
私はいつもそう思っている。
笑顔の連鎖って素晴らしい!!

闘病中だからと何かを諦める必要はある?
チャレンジしたらいけない?

そんなことは絶対にありません。
誰だって病気になりたくてなったわけじゃない。
病気も個性です。
病気になり闘病中の私が見ている世界を、
感じたことを、
笑顔いっぱいに毎日お伝えしていきます。

どうそよろしくお願い致します。
サロンオーナー
大谷 美子
34歳の時にアロマやネイルなどの資格をいかしてオールハンドのプライベートサロンをオープン。サロン経営のほか、ビジネスマナー研修も行う。36歳の時に線維筋痛症という、全身を痛みが襲う難病と診断され、激痛と闘う日々。そんな中でも美に生きる希望を見出だし、一歩ずつ前進する私の姿から、病気でも美を諦めないことを伝え続け、強くしなやかに生きていきたい。