大谷美子~Daily diary~ヘルプマークと私

おでかけ♬ ヘルプマークとわたし

ヘルプマークと私
みなさま、こんにちは。
ブログをご覧頂きありがとうございます。

お天気が良く、身体の痛みが比較的落ち着いている時は
外出だってできます。


午前中からメイクをして、30分電車に乗ってお出かけすること。
たった30分。されど30分。
みなさんはこの時間をどう思いますか?

病気になる前は当たり前でした。
電車に乗って移動すること。
30分なんてあっという間。
そう思っていました。


でも。
今は
それが出来ることは私にとってはとても奇跡的なことなんです。

線維筋痛症と闘病している私。

病気になって見えた世界がある。

バッグには必ずヘルプマーク。

それが私。

楽しい時間が過ごせて幸せ!!
病気になってもHappyはたくさん身近にあるのです。
サロンオーナー
大谷 美子
34歳の時にアロマやネイルなどの資格をいかしてオールハンドのプライベートサロンをオープン。サロン経営のほか、ビジネスマナー研修も行う。36歳の時に線維筋痛症という、全身を痛みが襲う難病と診断され、激痛と闘う日々。そんな中でも美に生きる希望を見出だし、一歩ずつ前進する私の姿から、病気でも美を諦めないことを伝え続け、強くしなやかに生きていきたい。