エクササイズ(2)下肢美脚ストレッチ

2020国民的美魔女コンテストファイナリストの、Rikoこと長野典子です。


前回は足裏の筋バランスのエクササイズをご紹介しました☆
今回は、下肢のエクササイズをご紹介したいと思います。


むくみの原因はリンパのつまりや、塩分や糖分の摂り過ぎ、疲労、筋肉不足などいろいろとありますが、その原因を少しでも解消するためにエクササイズの習慣をつけることもおすすめです♪


日ごろ、いろんな方のウォーキングを見ていても膝が曲がっている方がとっても多いですね…
膝が曲がっていると、その上に載ってくるカラダの骨組みが全体的に歪んでいき、カラダを支えるためにいろんなところが屈折してしまうため、本来の関節可動域が使えないウォーキングをしている方がとっても多いです。

ウォーキングは朝起きたすぐから夜眠る寸前まで、唯一行う運動で正しくやることで効率の良い筋肉を使った歩き方ができます。
そうすると、歩くだけで代謝が促進されるんです☆
まず、私のところで、ウォーキングを習ってもらうときに必ず前回の足裏のエクササイズと下肢のエクササイズを行ってもらいカラダの調整をします。


その方法をご紹介しますね♪
①膝裏とアキレス腱をしっかりと伸ばします。 神経までしっかりと伸ばすのがポイント。
①手がの指先に届かない人は、タオルなどを使って 足の裏からひっかけてストレッチ。
②カラダの後ろに手をついて片方の膝を曲げます。 これが簡単にできる方は、肘を床について前腿のストレッチを深めます。
②さらにできる方は上半身を寝かせた状態で前腿をストレッチします。 反対側の足をストレッチをしている足の膝に置くことで負荷をつけることができます。
①膝の裏が曲がっている方がとっても多く足を真っすぐにしていくのに効果的なエクササイズです。膝裏とアキレス腱をしっかりと伸ばします。 もし手が指先に届かない人は、タオルなどを使って足の裏からひっかけてストレッチしてください。ツーンと感じるまで神経までしっかりと伸ばすのがポイントです。 歩くときに膝裏が伸びず、膝が曲がった状態で歩いていると膝回りに脂肪がつきやすくなります。

②次に前腿のストレッチです。前腿は膝が曲がっていると太くなったり、外側に張り出したりしてしまいます。前腿の伸展筋を養うことで、スラっとした太腿に導いてくれます。 まずは、カラダの後ろに手をついて片方の膝を曲げます。これが簡単にできる方は、肘を床について前腿のストレッチを深めます。さらにできる方は上半身を寝かせた状態で前腿をストレッチします。反対側の足をストレッチをしている足の膝に置くことで負荷をつけることができますので、しっかりとしたストレッチができます。
膝裏と太腿のストレッチを行うことで、膝窩リンパや鼠径リンパ節の流れも良くなり、血流も改善されるため、美脚へと導くことができます☆
寝る前にベッドなどでも行えるストレッチですので、気軽に始めてみてくださいね♪


今回も私のブログを読んでいただき、ありがとうございました♡
看護師、モデル、トレーナー
長野 典子
フリーランスの看護師として地域医療政策や病院などの仕事を掛け持ちしています。S字と美尻を目指して続けるトレーニングや看護師の知識と経験で食事管理を行い、体の中から美しく、がモットー。これからはスキンケアや美容医療にも目を向け、様々なことにチャレンジしたい。常に笑顔を絶やさず、誰かの役に立つことで人は輝けると信じています。