withマスクで急増中!【皮だるみタイプ】さんのための【あご下肉解消】セルフケア&美容医療

マスクを外した自分の顔を見てびっくり!「え、こんなにたるんでたっけ?」そんな「マスクだるみ」が急増中です。たるみも2種類あるから、あなたのたるみタイプで今すぐケアしてみて。今回は皮だるみさん向けのあご下肉撃退法です。

あなたは「皮だるみ」?「脂肪だるみ」?まずはセルフチェック!

親指と人差し指であご下をつまんでみて、手の甲の皮膚をつまんだ感覚と似ていれば皮だるみタイプ、手の甲の皮膚よりも厚みを感じたら脂肪だるみタイプになります。

【セルフケア①】皮だるみさんはあご下まで贅沢に保湿ケアを意識

軽度な皮だるみはリッチなクリームをあご下まで塗り、ハリを与えることでも改善できます。上から:肌の生まれ変わりのための海の恵みの成分を届けます。クレーム ドゥ・ラ・メール 60㎖ ¥36,000(ドゥ・ラ・メール)、肌にハリ・弾力を与え、輝きに満ちた顔立ちへ。クレームヴォリュミザントS 50g ¥36,500(クレ・ド・ポー・ボーテ)、コクがありながら塗った瞬間肌になじみます。カネボウ クリーム イン ナイト 40g ¥10,000(カネボウインターナショナル Div.)、肌細胞の呼吸に着目、内側から輝きに満ちた肌へ。オーキデ アンペリアル ザ クリーム50㎖ ¥54,600(ゲラン)

【セルフケア②】美顔器は赤色LEDタイプのものでハリUP

赤色LEDが細胞を活性化。コラーゲンとエラスチンが生成され、肌のハリが復活、皮だるみの改善にも繋がります。左:肌の奥まで熱を届けメークの上からもリフトアップケアができます。LEDitch ¥138,000(クールプロジェクト)、右:肌細胞に隙間をつくり美容成分の吸収を高めます。FacePump Premium ¥38,800(アーリーバード)

【美容医療】ハイフでたるんだ皮膚を引き締めてみて

超音波フェイスリフトとも呼ばれ、真皮・SMAS層・皮下組織や脂肪層に超音波エネルギーを与え、点状の無数の熱凝固を発生させることでたるみ改善を行います。皮膚表面にはダメージを与えることなくお顔のたるみを引き締めます。(鈴木先生)
●DATA
施術名:HIFU(ハイフ)治療
料金:顔全体 1回 250,000円※税別
痛み:我慢できる程度
ダウンタイム:なし
推奨頻度:半年に1回程度

二重顎・あご下のたるみには様々なタイプ、施術があります

あご下から首にかけてのたるみは、原因や状態もさまざまで、程度により治療法が変わります。比較的多い、「皮だるみ」や「脂肪だるみ」の他にも、あご下たるみには広頚筋というあご下の筋肉が原因のものやあごの短さ、混合タイプなどがあります。治療法も、状態に応じて今回紹介しているハイフやクルスカ以外にも、脂肪吸引や切開リフト、骨形成などさまざまあり、その人の状態に応じてベストな治療法を考えます。
教えてくれたのは……ドクタースパ・クリニック 鈴木芳郎先生
フェイスリフトをはじめトータルアンチエイジングを追究。ケーブルスーチャー法を日本で初めて行ったドクターとして注目され、スレッドリフトの指導医としても活躍中。
●ドクタースパ・クリニック
フェイスリフト手術を中心としたエイジングケア専門の美容クリニック。診察時間:10:00~19:00(13:00~14:00お昼休憩)定休日:水曜・日曜・祝日
2020年『美ST』12月号掲載
撮影/山辺恵美子 ヘアメーク/伊藤佳奈(Bliss) 取材/今福英美 編集/長谷川千尋