【幼馴染からフェミニンケアブランド設立へ】原 由記さん&和田由紀さんの美バディ対談

女性用デリケートゾーンケアブランド「アイム ラフロリア」を発売した原 由記さんと和田由紀さん。二人は幼い頃からの幼馴染。今はビジネスパートナーとして同じ目標に向かうお二人に話を伺いました。

小さい頃も、大人になってからも同じ方向を向いて2人で夢を実現

左・和田由紀さん 右・原 由記さん

和田 3歳からずーっと一緒。その上今は会社でもずっと一緒で仕事の後も2人で食事したり、飲んだり、私の娘たちとも一緒によく遊んでくれたりしてるよね(笑)。

 イヤにならないの?とか前世は双子だったんじゃないかとかよく聞かれるけど、「居て当たり前の人」という存在。あまりにも昔から一緒にいるから、考えていることが全部わかって、喧嘩には全然ならない。毎日一緒にいても飽きないし、旅行すらも一緒に行くもんね(笑)。

和田 私は新卒で外資系金融、はらゆきは美容系の会社で10年以上働いていたんだけど、次のステップにチャレンジしたいと思うタイミングが一緒で2017年に会社を設立したのよね。

 女性の悩みに寄り添うサービスを提供したくていろいろ考えた末、フェミニンケアのケアアイテムを主力商品にしたんだよね。わだゆきは営業や資金調達、私はPRと商品開発、と得意分野を生かした役割で。

和田 今では「なくてはならないビジネスパートナー」という存在。とにかく優しいし明るいし、根っから素直で、心も強いから安心!

 決めたことを絶対にやり遂げる強い意志を尊敬してます。一緒に仕事して本当によかった!!


\私たちが美バディです!/

会社役員 原 由記さん 36歳
会社役員 和田由紀さん 36歳
ともに徳島出身。3歳から高校3年まで同じバレエスクール、大学進学で上京。「もっと自由に」「一人一人が自分らしく輝ける毎日を」がヴィジョン。

弱酸性で全身に使えるフェミニンケアブランド

「デリケートゾーンケアを歯みがきレベルに」を目標に、ボディウォッシュ、ボディクリーム、クリアシートを発売中。10月末にはデリケートブライトニングセラム(左端)を発売。どの商品も肌に優しいことと泡立ちの良さに加えローズの香りにも拘りました。EC、伊勢丹サローネやエストネーションで取り扱い中。

和田さんから▶▶原さんへ

ともにローズ好きスキンケアもローズにこだわり
I’m La Floria製品でもこだわっている「エレガントに香り、潤う素肌へ」。世の中にローズの香りはたくさんありますが、使うときに強すぎず上品で、でも印象に残ってくれる上質なローズを常に求めています。ディオールのプレステージはまさにそれ。わだゆきに伝えたら早速気に入り2人で愛用。

原さんから▶▶和田さんへ

すれ違ったときほのかに香る女性に憧れます
ローズ系香水で良い製品に出合ったら商品開発担当のはらゆきに報告しています。ディプティックのベストセラー「オードトワレ オー ローズ」はいつもポーチに入れていてヘビロテ。ナルシソ ロドリゲスの「ナルシソ オードパルファム プドゥレ」はブルガリアンローズの甘い香りで仕事前のテンションを上げてくれます。
2020年『美ST』12月号掲載
撮影/高梨浩二 ヘア・メーク/Sai  取材/中田ゆき 編集/小澤博子