エクササイズ(3)美尻トレーニング・Part2

2020国民的美魔女コンテストファイナリストの、Rikoこと長野典子です。


『美尻は1日にして成らず』

お尻の筋肉を育むトレーニングやエクササイズはたくさんありますが、今回も自宅で手軽にできるものをご紹介します♪
  • 横向きになり、膝を90度に曲げます。 膝の角度は そのままで、上側の足を股関節を中心に持ち上げます。この時、カラダが後ろに倒れないようにしてください。カラダの方向を変え反対側も行います。(各10回ずつ×2セット)
  • 膝を立てて仰向けになり、片足を真っすぐ 上に立てて、反対の足は床につけヒップを 持ち上げます。(各10回ずつ×2セット)
  • 肩幅より広めに足を開いて立ち、足の指先はㇵの字にします。 お尻を突き出し、床と水平になるまでお尻を下ろしスクワット。 膝が足の指先の方向に曲げ、内側に膝が入らないようにします。(10回ずつ×2セット)
  • 足を前後にして立ち、股関節を中心にカラダを前に倒します。 裏腿からヒップにかけてストレッチを行うようにしたら、カラダを 起こして同じ動作を繰り返します。(両足各10回ずつ×2セット)
①横向きになり、膝を90度に曲げます。 カラダが後ろに倒れないように膝の角度は そのままで、上側の足を股関節を中心に持 ち上げます。
②膝を立てて仰向けになり、片足を真っすぐ 上に立てて、反対の足は床につけヒップを 持ち上げます。
③肩幅より広めに足を開いて立ち、足の指先はㇵの字にします。 お尻を突き出し、床と水平になるまでお尻を下ろしスクワット。 膝が足の指先の方向に曲げ、内側に膝が入らないようにします。
④足を前後にして立ち、股関節を中心にカラダを前に倒します。 裏腿からヒップにかけてストレッチを行うようにしたら、カラダを 起こして同じ動作を繰り返します。
とにかく、可動域を最大に使って、力点と作用点はどこか?今どこの筋肉を動かして育てたいかをしっかりと意識すると、お尻の筋肉が動きます。


カラダは脳の反応で動くため、イメージしながらエクササイズやトレーニングすることも大切なポイントです♡
是非、試してみてくださいね☆彡


いつも最後まで私のブログを読んでいただきありがとうございます。
看護師、モデル、トレーナー
長野 典子
フリーランスの看護師として地域医療政策や病院などの仕事を掛け持ちしています。S字と美尻を目指して続けるトレーニングや看護師の知識と経験で食事管理を行い、体の中から美しく、がモットー。これからはスキンケアや美容医療にも目を向け、様々なことにチャレンジしたい。常に笑顔を絶やさず、誰かの役に立つことで人は輝けると信じています。