同じ食材で家族用ご飯と自分用ご飯②

皆さまこんにちは♪2020美魔女コンテストファイナリストの持田亜矢子です。

今日は豚の肩ロースを使ったダイエット料理をご紹介します。

鶏のささみや胸肉は、特にお子さんのいるご家庭ではメインのおかずには少しハードルが高いと思うのです。(我が家がそうです)

なので、豚や牛のお肉を自分用に取り分けてヘルシーに作ってしまおうというご提案、第二弾です。



「豚肩ロースのさっぱりサラダ仕立て」

○豚肩ロースを茹でてざるにあけます。

○きゅうり、ミニトマト、みょうがなど、お好みの野菜を切ります。(きゅうりは塩もみにしました)

○お肉と野菜をボールで和えて、お塩とごま油、お醤油など、お好きな調味料で味付けします。(辛いものが好きな方はシラチャーソースもよく合いますよ!)

以上です!とても簡単♪

家族用ご飯は生姜焼きにしました(^-^)

ダイエット食は塩分を少なめにするために味付けはとてもさっぱりしています。

そこで、ほんの少し加えるだけで劇的に美味しくなるお塩をご紹介したいと思います。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「ろく助 塩 白塩」です。

しいたけや干帆立などの旨みがブレンドされていて、このお塩で作った塩むすびは何個でも食べられます!笑

素材の味を引き立てるとても優秀なお塩です。

ぜひお試し下さい♪
家族の生姜焼き用のお肉で自分用のご飯♪
とっても美味しいろく助のお塩♪
ハーバリウム講師、ネイリスト
持田 亜矢子
客室乗務員を7年経験後、結婚し、2児の母に。子育てをしながらネイリスト2級、日本ハーバリウム協会認定講師、ヘルシーアンドビューティーフードアドバイザーを取得。現在はハーバリウム講師として、自宅サロンでワークショップやレッスンを開催。40代は新たなる美の道を極めたいと思い、美魔女コンテストへ挑戦しました。