《食・サプリ・コスメ》美人女医・奥村智子先生が実践する美肌のための7ルール

3人の子供を持ち、仕事に育児に大忙しの女医・奥村智子先生。多忙な日々の中で美しさを保つ秘訣とは?奥村先生の美肌の秘密に迫ったら、今からでもすぐ真似できることがたくさんありました。

マッサージピールでハリをプラスし、食事とゼオスキンでさらに艶肌に

教えてくれたのは……奥村智子先生 40歳 ルクスクリニック 院長
美容外科、美容婦人科を得意とする奥村先生は3人目のお子さんを8月に出産し、クリニックも新規開業。オペ経験が豊富な美女医として今後は美STでも活躍予定。

1:子育て中の時短ケアにもゼオスキンは最適

ゼオスキンはライン使いで。妊娠で濃くなったシミにミラミンを使用したら薄くなりました。ミラミンは毎日使用中。RCクリームは保湿もしっかりのレチノール。

2:久しぶりのヒット治療マッサージピールを継続

TCAとコウジ酸効果が素晴らしいマッサージピールは自分でも継続必須の施術。月1で長年続けていますが、ハリ感は半端なし!

3:サプリは唯一これだけ。カルシウム不足に

子供と一緒に成長期サポートサプリ・セノビスタを。HMBカルシウムとカゼインホスホペプチドはカルシウムの吸収を助け骨密度をUP。

4:時短メークは発色の良さがポイント、マストコスメはこの2点

トム フォードのアイカラー クォード 3Aヌード ディップは使いやすいブラウン系。アディクションのザ マットリップ リキッド009は色落ちなし。

5:旬の素材に勝るものなし。野菜やフルーツは毎日

抗酸化力がありビタミンCやEが豊富なフルーツ、ブロッコリー、青ジソは意識して食べています。ブロッコリーは子供達の毎日のお弁当にも。

6:束の間の癒されタイムはヒョンビンに会えること

リラックスしたいときは、「愛の不時着」をはじめ、ヒョンビンが出演しているドラマや映画を。好きなドラマの主題歌が好きになることも。

7:自宅も院内もお気に入りの香りでHappyに

BYREDOのローズ オブ ノーマンズランドとジョーマローンのイングリッシュ ペアー&フリージアとライムバジル&マンダリンが長年の定番。
2020年『美ST』12月号掲載
撮影/資人導〈Vale.〉 ヘア・メーク/甲斐美穂〈ROI〉 取材/中郷裕美 衣装協力/KEINA RITA 編集/小澤博子