大谷 美子~Daily daily~ ヘルプマークを知ってください

ヘルプマークを知ってください

こんにちは。

いよいよ明日がファイナルステージです。
緊張よりもワクワク楽しみです。

みなさん、『ヘルプマーク』はご存知ですか?

以前のブログにも私は外出時には必ずヘルプマークをつけると書きました。
線維筋痛症になり、自分がヘルプマークをつける事になり感じたこと。

それは、
まだまだ浸透していないんだなぁということでした。

ヘルプマークは、見た目からでは分からない
内部障害、疾患や難病を抱えた方がつけられるものです。

私も見た目は、元気に見られます。
ですが
身体の中には常に骨折~陣痛を超える痛みと生活しています。
痛みは可視化できません。
だから、ヘルプマークをつけるのです。

SHOWROOMの配信を通じて、ヘルプマークの事も伝え続けてきました。
まだまだマタニティマークのように広く知れ渡っていないのが現実です。

この赤いサインを見たら、どうぞ内面に抱えているものがあるのだなぁと思って
優しいお心遣いを頂けると嬉しく思います。

そして、ヘルプマークという存在を知ってください。

全国導入もあと一息と言ったところです、
今後はこちらの活動もしていきたく考えております。


明日は気圧が下がるとのこと!
私の身体の痛みはどの程度になるのか…
最後までブレずに私らしく!

皆さま、ぜひSHOWROOMでファイナルステージをご観覧くださいませ。


きまじめ美魔女
大谷 美子
ヘルプマークと私。
サロンオーナー
大谷 美子
34歳の時にアロマやネイルなどの資格をいかしてオールハンドのプライベートサロンをオープン。サロン経営のほか、ビジネスマナー研修も行う。36歳の時に線維筋痛症という、全身を痛みが襲う難病と診断され、激痛と闘う日々。そんな中でも美に生きる希望を見出だし、一歩ずつ前進する私の姿から、病気でも美を諦めないことを伝え続け、強くしなやかに生きていきたい。