動画でわかる!やりすぎてもやらなさすぎてもNG!大人の【ナチュラルメーク】を岡野瑞恵さんがずばり解決!

清水さんは保育士なので、子ども目線で怖く見られないようなメークを心がけているそうですが、マスク生活になりメークも手抜きに。 最近は、顔色がくすんで疲れているように見られることもあるそうです。仕事柄ナチュラルに見せるメークはおすすめですが、ベースメークで肌悩みをカバーしたら、大人の肌に透明感や、さりげない血色を生み出してくれるチーク を見直してほしいですね。立体感も出るから小顔効果も期待できます。マスクを外した ときにチークが取れている、なんてことがないように仕込みのクリームチークにパウダータイプを重ねて、湧き出すような血色感を演出。色選び や入れ方次第で、お疲れ顔も一掃されますよ。

まずは岡野メークを動画でチェック!

【今月のテーマ】

ナチュラルメークがわからない

やりすぎても、やらなさすぎてもNGで勘違いが多い大人のナチュラルメーク。ベースメークの延長としてチークを入れ、さりげなく肌に溶け込む血色感を作ります。清水さんの優しい印象はそのままパッと華やいて若々しくヘルシーに変身!

\使うのはこれ/

(左)MiMC ミネラルスティックチーク02 NATIVE (右)LAURA MERCIER ブラッシュ カラー インフュージョン 13 BELLINI
(左)骨格を引き立たせる、ゴールドのシマーな輝きの血色ブラウンでいきいきとした表情に。目元やフェイスライン、リップにも使える万能チーク。¥3,800(MiMC)(2/3発売)(右)さりげなく肌に溶け込み血色感が増す、洗練された大人のチーク。シアーな発色を叶え、軽いつけ心地なので重ねづけしても自然。¥3,500(ローラ メルシエ ジャパン)(3/17発売)

チークの
Okano’s Point!


コーラル系チークで

血色感を顔にプラス

 

 

さりげなく肌に溶け込むコーラル系のチークを選んで、頰とフェイスラインにも入れます。肌に血色が生まれ、表情を明るく見せるだけでなく、自然な陰影で骨格まで際立たせるので小顔効果も。ヘルシーな印象の透明感あるナチュラルメークに。

【今月の美魔女】

真水由美さん(44歳)

保育士なので、優しく見えるようなメークを心がけています。特に最近は仕事中もマスクをしているので、紫外線予防のBBクリームを伸ばしたら、アイメークで完成です。
ゆったりシルエットのベージュニットのセットアップは移動時間が長いときも安心。トップスの前だけをタックインしてスッキリ見せて、足元はスニーカーではずします。

\遠近メークの仕上がりがこちら/

肌に自然に溶け込み美しく整える骨格チークでヘルシーで優しい印象に

ほのかな艶肌に血色感のある骨格チークが大人のカジュアルを引き立てます

プルオーバー¥9,000 (ステートオブマインド/ゲストリスト)パンツ¥17,000(ローファッジ/ホワイトジョーラ) パンプス¥15,400(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店) ピアス¥15,200リング¥8,400(ともにパズコレクティブ/ZUTTOHOLIC)

清水さん、いかがでしたか?

チークはいつもしっかり入れているつもりでしたが、発色もイマイチでした。このチークのW使いは最強の組合わせですね! ポッと上気したような血色感が生まれ、ベースメークも内側から発光しているような輝きを放っていて、肌の質感とメークバランスが大事なのだと改めて感じました。

\教えてくれたのは/

岡野瑞恵さん
ヘア&メークアップアーティスト
大人の女性の魅力を最大限に引き出し、ナチュラルなのに印象に残るメークが評判で女優やモデルから引っ張りだこ。巧みな話術で現場を明るく盛り上げる、飾らない人柄も魅力。


2021年『美ST』3月号掲載
撮影/岡本 俊〈まきうらオフィス〉(人物)、五十嵐 洋(静物) スタイリスト/平沼洋美  取材/中井川桂子  編集/小澤博子