巡りを良くして健康的に!【血色ツヤ肌】を手に入れる40代読者4人のツヤ肌週間

肌も唇も乾燥して血色が悪くなりがちな寒い冬。そんな季節でも健康的で若々しい40代50代は体内外からのケアで血色の良いツヤ肌を保っています。お家時間が長い今だからこそ、ホームケアで体の巡りをよくしてナチュラルなツヤ肌を手に入れるチャンスです。美肌読者にスキンケアの秘訣を教えてもらいました。

【ツヤ肌の秘訣①】膣のケアを15年間欠かさず続けていた

看護師・化粧品開発 高林裕果さん・42歳
10歳の娘を持つワーキングママ。看護師や化粧品開発の仕事を通じ、美肌作りには丁寧な洗顔、保湿が大事なのはもちろん、女性ホルモンが密接に関わっていると実感。女性ホルモンに関係している膣ケアを毎日の習慣にすることにより、全身の血行が促進され、美肌、美髪、冷え解消に繋がっています。

\コスメ棚を公開!/

毎日のスキンケアで使うものだけをシンプルに置いています。MTのコスメをラインで使っています。

膣ケアにはCITUCAを

ケアソープで洗浄し清潔に。ミスト、クリームで保湿。純正アーモンドオイルでマッサージ。

全身にオイルを塗って湯船でマッサージ

全身にはたっぷり使える無印のオイルを2種類。特別な日にはメルヴィータをふんだんに。

3カ月毎にクリニックの診断でサプリを更新

データを基にその時の体調や不足している栄養分を補い、肌の調子を整えています。

【ツヤ肌の秘訣②】運動と食事の力でニベアだけで大丈夫な肌にしていた!

美圧ヨガトレーナー 高田直美さん・49歳
実は美容には無頓着。日常はスキンケアよりもインナーケア重視派。体の健康を意識することが結果的に美肌に繋がっているのかもしれません。スキンケアにはこだわりなく昔からニベアを愛用。毎日の運動だけは必須。口に入るものは水にまでこだわります。

\コスメ棚を公開!/

NUXEのオイルは顔や髪の毛のツヤ出しに。マッサージオイルとしても優秀。女性らしい甘い香りに癒されます。ニベアは169gの大きめサイズを、顔だけでなく体にも惜しみなくたっぷり使って保湿します。乾燥する冬場は特に念入りに。

加圧&ヨガで成長ホルモンの分泌を促進

加圧ベルトをしながらヨガをする〝美圧ヨガ〟がマスト。筋力や柔軟性がUPすると同時に肌も綺麗になります。

ノンカフェインチャイでアンチエイジング

TICK TOCKのルイボスティー〝バニラチャイ〟。抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的。温めた豆乳でラテに。

【ツヤ肌の秘訣③】ツバメの巣を食べて、塗って、パックしていた!

会社経営 前川真奈美さん・42歳
会社経営、インターナショナルスクールに通う女の子ママ、主婦の三役をこなす多忙な毎日。美肌の秘訣、毎晩のシートマスクはもはや日課です。実はツバメの巣マニアな私。あの楊貴妃の美貌の素だと言われるツバメの巣を毎日のスキンケアにたっぷり取り入れています!

\コスメ棚を公開!/

スキンケアはシンプル主義。普段はimymeのオーダーメイドセラム1本のみでケアは完了。

パックは香港のワトソンズで

一番のお気に入りはパック。香港のドラッグストア、ワトソンズで購入しています。15分でしっとりもちもち!

美巣の食べるツバメの巣を愛用

大事なイベントの前には「美巣16食べるタイプ」のツバメの巣を。

【ツヤ肌の秘訣④】洗顔ブラシで肌デトックスしていた!

主婦 岡田智美さん・41歳
中学生1人と小学生2人の子育て中。家事や学校行事で忙しい毎日。ストレスは美肌の大敵なので、趣味のボクササイズで汗を流したり、ストレスフリーな生活を心がけています。30代後半くらいからスキンケア効果に物足りなさを感じるように。クレンジングを重視すれば、スキンケアの効果は格段に上がります。

\コスメ棚を公開!/

棚を開けると、ヘレナ ルビンスタイン一色。新製品が出れば買い足して試しているうちにたくさんの数に。

15年以上ライン使いを継続!

一度も他のブランドに浮気することなく、スキンケアはヘレナ ルビンスタイン一筋。

発汗することで毛穴を開いて肌デトックス

入浴前にひと汗かいて、メーク汚れや外気汚れ等の不純物をお風呂で洗ってリフレッシュ。

就寝前に体の巡りを改善

シルク素材のイオンドクターで体の巡りをよくして、そのまま就寝。むくみ予防にも効果的。
2020年『美ST』1月号掲載
撮影/大瀬智和、オノデラカズオ、相馬慎之介 ヘア・メーク/大山なをみ 取材/古川延江、山田正美、関根実凡、山田頼子、稲垣絢香 編集/長谷川 智