誰でも真似られる!美STモデル吉村ミキさんの【モデル美容法】

美STモデルとして活躍中の吉村ミキさん。いくつになっても変わらない可愛さや美肌はどうやって作られているの?吉村さんが普段している美容法や頭皮ケア、メークなど教えてもらいました。

よく寝てストレスを溜めないこと、体の中から綺麗に

教えてくれたのは……吉村ミキさん 49歳
とにかく毎日のストレスを溜めないようにしています。疲れたな、と思ったら、リラックスしてマッサージをしたり、運動をしたり、犬と戯れたりして、その日のうちにストレスを発散するようにしています。それと、しっかり寝ないとやっぱり疲れが溜まってしまうので、とにかくよく眠ること。ただ眠るのではなく、しっかり眠れる質の良い睡眠にこだわって、枕やパジャマ、寝具などにも気をつけるようにしています。外見だけではなく、体は食べ物からできているので、しっかり食べる。食べるものもなるべく自分で手作りしたり、手間をかけて、体に良いものを取るように心がけています。
《Profile》
若い頃と変わらない若々しい美しさと、キュートな可愛さを併せ持つ美STモデル。女の子1人のママ。仕事と育児を楽しみながらこなす姿も共感を得ています。

Q1 2021年の美の目標は?
透明感のある美肌になりたい

Q2 美容のために食べているのは?
自家製鶏ハム&ヨーグルト

Q3 よくする運動は?

ウォーキング

Q4 自慢できるパーツは?

唇の形と色

Q5 10年後どんな女性になっていたい?

チャレンジすることを忘れない人


【メーク】甘くなりがちなメークからほんのりクールに

いつも可愛くなりすぎてしまうので、格好良い感じのメークにチャレンジしたいなと思っています。ファンデはナチュラルに。マスクをすることが多いから、目元で遊んだ感じにしたくて、マットなブラウンで囲み目に。口元はピンクの辛口なマットNARS エアーマット リップカラー 00035を選んで、甘すぎないようにしました。
2020年のマイベストコスメだったのがこれ。撮影で使った当日に買いに行きました。明るすぎないオレンジの絶妙なカラーが、塗った瞬間から、オシャレな目元に。密着感がすごくよく、崩れ知らず。柔らかな目元を演出します。トーン ペタル リキッド アイシャドウ 06 ¥2,900(トーン)

【ヘア】ベースのボブを生かしつつ前髪で遊びたい

今、髪型はちょいウルフな感じのボブカットなんですが、いつも前髪を上げてしまっているので、前髪でイメージをチェンジしたいと思っています。最近、周りで前髪を作っている人が多く、それを見るたびに、可愛いな、と思っているので、真似したいです。今はまだ切っていないから、ふわふわ巻いて遊ばせて、印象を変えるようにしています。

【ボディ】 筋膜リリースは毎日欠かさずします

体の疲れやこりをほぐしたり、むくみ対策に筋膜リリースを始めました。最初は痛かったけど、最近では心地よくなるほ どに。顔まわりはボールで刺激します。
大きなローラーだと届かない細部は、小回りの利く小さめのリリー ス棒を使ってゴロゴロします。しっかり流すとむくみもとれます。

【インナービューティ】 リンパに沿って流して溜まったものを排出

バスタイムにマッサージをしています。顔には左のヴァレ ド ロ ーズ フェイス&ボディオイル 60ml ¥7,000[1/4リニューアル発売](ジェイ・シー・ビー・ジャポン)入浴後は右のロルロゼ アクティベート ボディオイル 100ml ¥5,000(メルヴィータジャポン)で足のむくみをとるマッサージを。
顔のむくみは頭とつながっているので、頭もしっかりマッサージ。ヤーマンのマッサージ器を、お風呂の中に持ち込んで使っています。

【インナービューティ】朝は鶏ハムでたんぱく質を摂取

朝、パンやご飯を食べないので、たんぱく質を摂るために、塩麹につけた鶏ハムを食べるようにしています。自家製のヨーグルト、サラダ、茹で卵、 チーズも必ず毎日取ります。朝きちんと食べると 一日元気に。
2021年『美ST』2月号掲載
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 ヘア・メーク/神戸春美 スタイリスト/桑代 愛 取材/川上桃子 編集/伊達敦子