キリッと眉でグンと若見え!2021年最新【アイブロウ】テクニック

海外では、眉のパーマ〝ブロウラミネーション〟が流行中。眉の毛流れを立ち上げワイルドにスタイリングしますが、実は新しく出た「棒もの眉コスメ」でも作れます♡ 毛並みを感じるキリッとハンサム眉で、一気に若々しく!

豊かさと勢いを感じる眉が、顔をぐんとフレッシュに見せる

最新の眉メークはキリッと描くことがポイント。顔が引き締まって見えます。

旬の眉になれるおすすめアイブロウはこの5本

左から、モードなカラーでニュアンスをつけるのに最適。毛をしっかりキャッチする三角錐型ブラシ。アドバンスドアイデンティティ アイブラウマスカラ 04 ¥3,200(THREE)★モデル使用、しずく形の芯で太くも細くも自在に描けます。天然成分100%。石鹸で落とせるのも嬉しい。MiMC ミネラルアイブロー 02 ¥2,300(MIMC)、ハードタイプで濃淡がつけやすい。スクリューブラシ付きでぼかしも簡単に叶う。ミスター・アイブロウ・ペンシル02 ¥3,300 ※3/5発売(パルファム ジバンシイ)★モデル使用、柔らかいワックスのようなテクスチャーで、固めすぎることなく眉をセット。小回りの利く小さなブラシが使いやすい。ブロウ スタイリングクリーム 302 ¥3,000(コスメデコルテ)、リキッドとマスカラのWエンド。この一本で立体感あるドラマティックな眉を演出。W アイブロウカラーズ 05 ¥3,800(RMK Div.)

Point1:ペンシルで濃く、でも繊細に1本ずつ描き足して

ペンシルで眉の薄い部分を描き足します。この時塗りつぶすのではなく、1本1本毛を描くようにすると自然な仕上がりに。その後、眉の下ラインを描き、太さを出します。

Point2:クリーミィな眉マスカラで毛流れを立ち上げて固定

眉マスカラは、粘度が高めのものを選んで毛を上向きに立ち上げ、固定させます。眉頭は下から上に、眉の中ほどから眉尻までは斜め上に向かってコーミングしましょう。
2021年『美ST』4月号掲載
撮影/藤原 宏〈Pygmy Company〉(人物)、大槻誠一(静物) モデル/山田 優 ヘア・メーク/George スタイリスト/Toriyama悦代〈One8tokyo〉 取材/吉田瑞穂 編集/浜野彩希