塗るだけで美肌!ヘアメーク長井かおりさんと美魔女の2人のお気に入りファンデ

生まれつき肌が丈夫な人はいるけれど、シミやくすみが全くない40代なんてあり得ません。素肌が綺麗そうに見えるあの人だって同じ!メークテクを駆使し美しく見せているんです。ヘアメークの長井かおりさんと美魔女の小宮山さんと草間さんのMYファンデを、普段は見せない素肌とともにお披露目します。

 

 

ヘア・メークアップアーティスト 長井かおりさん(39歳)は
コスメデコルテAQ スキン フォルミング リキッドファンデーション

 

 

 

モデルにしていることはすべて自分の肌にも。テク満載プロの肌!

美ST世代を代表するメークさん。仕上がりの可愛さはもちろん、細かい解説も面白くわかりやすいと大人気。プロ目線のアイデアが出るわ出るわ、誌面に書ききれないほどたくさん!「3/16に発売するAQのファンデを一足先にお試し中です。適度なツヤを与えつつ素肌が綺麗になったように色づくのがいい! 同世代の大人肌に最適です」

 

 

***

 

\この肌がこうなる!/

 

 

1.仕込みは2種の下地で

 

アユーラの毛穴下地を小鼻にグリグリ塗ったら、ディセンシアのピンク下地を毛穴以外の場所に伸ばして肌にピンクみをON。

 

 

 

2.美肌ゾーンは厚塗り!

 

目の下の指2本分の場所=通称美肌ゾーンにファンデを置き、ROSY ROSAのスポンジで叩き込みます。美肌ゾーンは盛ってOK。

 

 

 

3.シミを隠し彫りを作る

 

隠したい場所にポイント的にルナソルのコンシーラーを置いた後、アイゾーンと頰をスウィーツ スウィーツのシェードで削ります。

 

 

 

4.お粉は2種を塗り分け

 

セミマットなラデュレのプレストパウダーをTゾーンに、それ以外の場所はアルマーニのしっとりパウダーでツヤを出します。

 

 

 

5.擬似ツヤを有効活用

 

オンリーミネラルのミネラルピグメント MAGICを頰の高いところにのせるだけで全顔のツヤ感がアップ。疲れ顔もカバー!

 

 

 


 

 

TEAM美魔女6期生/アンチエイジングフード研究家 小宮山順子さん(42歳)は
アブンダンティアエッセンスファンデーション

 

 

超シンプルでも目元だけは外さないリラックス肌です♪

癒しキャラだがローフード話には熱がこもる。専業主婦から美魔女になり一念発起、各地で講習やトークショーを開催。「カラー診断に基づきピッタリの色が6種から選べるアブンダンティアのファンデはこの通り使い倒して、もう空っぽなので注文中です。最適な色なら厚塗りしなくても綺麗にカバー。悩みはクマと目尻のシワなのでスキンケアもメークも目元からのせます」

 

 

***

 

\この肌がこうなる!/

 

 

1.こってり保湿がマスト

 

よく保湿して乾燥対策。

 

 

 

2.目元から下地をオン

 

アスタリフトのUVはほんのり色づきトーンアップ。高SPFで崩れにくく2年前から何本もリピート中。

 

 

 

3.ファンデもまず目元

 

 

 

 

4.パウダーは目元以外

 

ファンデは目元中心にのせ、クマやシワをカバーしスックのパウダーで軽くプレス。粉だけは乾燥が気になるので、目元にはのせません。

 

 

 


 

 

TEAM美魔女1期生/セラピスト 草間淑江さん(50歳)は
ADDICTIONアディクション ザ スキンケア ファンデーション

 

 

 

ツヤのある50代は若い!水分を感じる肌はミニマム塗りで完成

国民的美魔女コンテスト初代グランプリ。変わらぬ可愛らしさをキープし、TEAM美魔女内にも「草間先生」と呼ぶファン多数。編集部内では通称草MAX。昨年からは女優業にも挑戦!「悩みは色ムラよりシワ。ファンデは色ではなくみずみずしいツヤをのせる目的でこれを選んでいます。」

 

 

***

 

\この肌がこうなる!/

 

 

1.しっとり下地で準備

 

カバー力より輝きやしっとり感重視。NARSのプライマーで明るく。

 

 

 

2.ファンデは顔内側に

 

ファンデは厚くしたくないから顔中央だけに少量を伸ばして。

 

 

 

3.頰と眉だけパウダー

 

この後にメークする眉と頰は粉をのせてサラサラに。

 

 

 

4.黒ずみを狙い撃ち

 

目尻と上唇のくすみを明るく整えると美肌度UP。エクスボーテのコンシーラーを。

 

 

 

5.最後にスキンケア!

 

ベースの仕上げはなんとD.U.Oの化粧水とライスフォースのクリーム。メークが落ちないくらい少量を塗布すれば一日シワができません。

 

 

 

2019年『美ST』4月号掲載
撮影/向山裕信〈vale.〉、真板由起〈NOSTY〉(人物)、岡田こずえ、髙橋智英(静物) ヘア・メーク/久保フユミ〈ROI〉、Sai、大山美智 ヘア/大野朋香〈air〉 取材/大山真理子 編集/矢實佑理