[第23回]オレンジとカシスピンクのフルーツカラーでフレッシュで元気な目元に

忙しいとメークの更新も滞ってしまいがち。
似合うと思うものだけにとらわれすぎずに
まずは思い込みをやめて、小さな挑戦から。

自分の「いいとこ」を見つけられたら
メークですぐに新しい自分に出会えます。

この春からカラフルな色を取り入れたいと
美魔女の浮田さんも洗練された印象に大感激!

写真:左 \似合う色がわからず、アイシャドウは省略しがちなんです……/[今月の美魔女]
浮田 薫さん(44歳)
第9回国民的美魔女コンテストファイナリスト。マクロビオティック、発酵食、ローフードを学び、インナービューティの大切さを実感。現在はグリーンスムージーインストラクターとして活動中。
写真:右
\発色の優しいフルーツカラーパレットで、美しい瞳の色を引き立てます/
[ヘア&メークアップアーティスト]
岡野瑞恵さん

ナチュラルに大人の魅力を引き出すメークに定評があり、多くの女優、モデルからの指名を受け多方面で活躍中。2冊目となる著書『大人がきれいに見えるメイク』(光文社刊)も好評発売中。

 

岡野   メーク悩みがたくさんあると伺いましたが……。

浮田   はい、アイラインはうまく引けないし、二重幅にアイシャドウがたまったり、ほかにもいろいろあるんです。現在、グリーンスムージーのアドバイザーとして活動中のため人前にも出るので、派⼿すぎない華やかなメークも覚えたいと思っています。

岡野   まずは自分を客観的に見てどこをポイントにするかを見つけることからかしら。いつもメークはどんな感じですか?

浮田   いつもファンデはケイトのBB。柿色のクリームチークを指で伸ばし、無印良品のプレストパウダーをこめかみから頰骨あたりのCゾーンと眉間、あご先にブラシで。アイシャドウはクリームタイプで細かいラメ⼊りのピンクを指でぽんぽんとのせ、眉、アイラインはブラウン、マスカラはボルドー。オレンジ系リップを直塗りして完成です。

岡野   ご自身でもいろいろ試しているのは感心です! 浮田さんは茶色のキレイな瞳が印象的なので、目元を生かしたメークにしましょう。今のアイシャドウパレットは優秀なので重ねても濃くなりすぎずに深みが出て、繊細なパール感はくすみやたるみなどが気になる目元を華やかに、洗練された印象になりますよ。

浮田   見ているだけでテンションが上がる色使いですね。

岡野   自分のいいところを強調するってそんなに難しくないはず。

浮田   メークならすぐに修整できるし、これからはもっと挑戦して、楽しんでいきたいです。