女性の欲張りを満たしてくれるゴージャス「ドバイ」④

PR

 

 

ドバイの旅、最終回は古き良きドバイを感じるエリアを紹介します。元は小さな漁村だったドバイは、シルクロード時代、クリーク(運河)周辺が中継貿易都市として栄える発祥となった場所。運河の両サイドには庶民のパワーが感じられるスーク(市場)や伝統的建築が復元・保存された地区があり、今もなお活気に包まれています。今までお伝えした近未来的な雰囲気とはまた違う一面を垣間見ることができ、エキゾチックな散策が楽しめますよ。

アル・ファヒディ歴史地区では
古きアラビア時代へタイムスリップ!

かつての時代を彷彿とさせる石膏とサンゴの建築物は、暑い土地柄の知恵で、多くの窓で風通しよく、道を細くすることで日陰を作っています。通りは歩行者専用なので静かで清潔。奥には細い路地が入り組んでいるので迷いながら楽しんでも。ロケ隊は昼間の訪問でしたが、夜はライトアップされて幻想的な雰囲気になるそう。

地区の中には伝統的な建物を利用した
かわいいカフェやショップが

フォトジェニックなこの空間、実は、レバノン料理のレストラン&カフェなんです。青と白のインテリアが建物とマッチしてオシャレだとSNSでも話題。テラス席は木々の緑が涼しげで風が気持ち良く、歩き疲れた田口さんもここで一息。サーブしてくれるお兄さんも親切なイケメンでした!
ランチタイムは行列ができる程の人気店。左からお店の名前がついたシグネチャーサラダ「Arabia Tea House Special Salad」(56Dh)、チキンとトマトの煮込み料理「Saloona Deyay」(60Dh)、ラム肉と出汁で炊いたライス「Laham machboos」(50Dh) ちょっぴりスパイシーだけど優しい味で、どれも日本人の口にピッタリです。

Arabian Tea House Restaurant&Café (アラビアン・ティー・ハウス レストラン&カフェ)
Al Fahidi Street,Bur Dubai
営業時間 → 7:30〜22:00
TEL → +971-4-353-5071
URL → https://arabianteahouse.net/

中東名物「ミントレモンジュース」が絶品!
フレッシュな味はお店の手作りでした

「ここのミントレモンジュースはドバイで1番美味しい!」とコーディネーターさんのイチオシ。オーダーしてからミキサーで作ってくれるのですが、そのミントの葉が半端なく大量! なのに青臭さはゼロ! 爽やかで喉越し良い味わいに田口さんもご満悦です。クリーク(運河)沿いのテラス席もあるこちらのレバノン料理のレストランは雰囲気も最高です。Lemon with Mint Juice→22Dh

Bayt Al Wakeel(ベイト・アル・ワキール)
Souk Al Kabeer,On the Creek,Near Bank of Baroda Abra Station,Bur Dubai,P.O.Box 3919
営業時間 → 12:00〜24:00
TEL → +971-4-353-0530
URL → http://www.wakeel.ae/

昔ながらのスーク(市場)を
散策しながらお土産探しを

「中東らしいランプをお土産に頼まれた」と田口さんが向かったのは、オールド・スーク内にあるトルコランプが可愛いお店。クリークの両岸にはテキスタイルスーク、スパイススーク、ゴールドスークなど、伝統的なアラビアンマーケットがいくつもあります。どこも賑やかな店員さんの声で活気に満ちたスポット。ロケ隊はお土産用にポーチをまとめ買いし、自分用にはカゴバックも購入。値切り交渉にも挑みました。希望金額を連呼したり、おまけをねだってみたり。そんな店員さんとのやりとりも旅の楽しい思い出になりました。

 

世界一のゴールドマーケットで
自分自身へのプレゼントを見つけて

ドバイは金製品の品数が豊富で加工賃が安く、流通量が世界一。ゴールド・スークには金の専門店が建ち並んでいます。これぞ中東!とため息が出るほどの大胆なデザインで大振りなアクセサリーがショーウィンドウにズラリ。アラビア文字のネームペンダントのオーダーも観光客に人気。店舗はすべて政府が厳重に管理しているので安心して買い物できますよ!

オールドドバイの移動は
アブラ(渡し船)が便利で楽しい

オールド・スークとゴールド・スークは対岸にあるので、アクセスには渡し船が便利です。エンジン音を響かせながらクリーク(運河)の対岸まで5分程度の船旅。意外とスピード感があります。運行本数が多いので待ち時間はほとんどなし。特に時刻表はなく、満員になったら出発します。乗船料金は1Dh。乗船後、船頭さんが徴収しに来ました。船から眺めるオールドドバイの景色は情緒たっぷり。観光客はもちろん、地元の人も利用するそう。

\動画で少しだけ雰囲気をご紹介!/

 

直行便でいく3泊5日の旅はH.I.Sで
女性のわがままが満たされます

羽田発着 エミレーツ航空直行便で行く
JWマリオットマーキースに滞在
ドバイ5日間(5~12月出発)
宿泊先は「JWマリオットマーキース」のデラックスルーム。72階建てツインタワーの5つ星ホテルで、上品なラウンジや受賞歴のあるレストランを始め、屋外プールやスパがあり、上級なホテルライフが確約されます。室内はiPod Stationなどモダンで機能的な設備が完備。ツアー料金に含まれている朝食バイキングでは洋食・中華・アラビア料理など豊富で何度通っても飽きません。ドバイモールへの無料シャトルバスも本数が多く便利です。

撮影/真板由起(NOSTY) モデル/田口未都(TEAM美魔女) スタイリスト/小西明日香 コーディネート/渡辺嘉子(Don Productions FZ LLC) 画像・取材協力/ドバイ政府観光・商務局 取材/宇田川みさと 編集/漢那美由紀
※1Dh=¥29.45 6/6現在

お問合せ先/H.I.S.新宿本社営業所
TEL:03-5360-4881
営業時間 平日/10:00~19:30 土日祝/11:00~19:30
https://e.his-j.com/trip/ciao/voyage/02A_10/TC-LDB2280-HND (24時間オンライン予約可能)