一気に夏顔!山田優さんの【夕焼けチーク】でヘルシー顔

チークレスがトレンドの時代を経て、シェーディングやブロンジングパウダーにも見える「夕焼け色」チークの人気が急上昇。ブラウンより明るくて、オレンジより落ち着いた絶妙なトーンに更新すれば、ぐんとヘルシー! 夏っぽさを先取りできます。

 

 

はしゃいでないのに夏っぽい。夕焼けチーク、入れてみない?

 

 

 

茶色とオレンジの中間の色を選んで

 

ツヤツヤしすぎないパウダータイプがオススメ。
A 立体的な頰を演出するメリハリの利いた2色をセット。クリーミィ シアー パウダーチークス 04 ¥4,000(RMK Div.)
B クリームのようななめらかなテクスチャー。肌と一体化し粉っぽさのない美しい仕上がりが持続。インナーグロウ チークパウダー 05 ¥4,000(資生堂インターナショナル)
C アルガンオイルなど、植物のオイルをたっぷりと配合。肌のキメを整え骨格を美しく引き出します。チーキーシークブラッシュ 12 ¥3,000(THREE)★モデル使用色 
D ゴールドラメをちりばめた夏らしいブロンズカラー。ブラッシュベビー 12 ¥2,200(マリークヮント コスメチックス)
E 毛量豊かでチークをふんわり発色させられます。ファンデーション ブラシ¥5,000(THREE)

 

 

POINT▶黒目の下から横にサッとすべらせて

 

顔の側面に入れると、頰がこけて老け見えする危険も。黒目の下からふわっと横長に入れるのが正解。頰にほんのり日焼けしたようなライブ感がプラスされ、同時に顔の余白が締まって大人っぽく洗練された印象に。

 

 

 

2019年『美ST』8月号掲載
撮影/向山裕信〈vale.〉(人物)、大槻誠一(静物) モデル/山田 優 ヘア/林カツヨシ〈JILL〉メーク/水野未和子〈3rd〉 スタイリスト/亘つぐみ〈angle〉 取材/吉田瑞穂 編集/浜野彩希