45歳代表・モデル樹神さんの崩れない【夏の毛穴レス肌】の作りかた

暑くても、雨上がりの湿気でも。日本の夏の高温・むしむし感のなかでも、毛穴崩れがゼロで、涼しい顔している美肌のモデル・樹神さん。夏のお手入れと肌作りは?同世代必見、毛穴レスの秘密を教えてもらいました。

 

40 代半ばは潤いが減るとき。スキンケアは保湿重視で毛穴をふっくらさせメークで清潔感を装います

 

40代の入口は毛穴汚れが気になり、しっかり落とすことだけ心がけていました。でも、40代半ばになると肌が変わってきます。皮脂の量が減り、乾燥が激しくなるんです。そのため、くすみやすくガサッとして毛穴も目立ち、清潔感が損なわれていくような気がします。私の結論は、40代半ば、スキンケアもメークも補う、与えることが大切だということ。生活も同様で、昔なら少し食べ過ぎても睡眠不足でも、肌に変化はなかったんですが、睡眠が少ないと乾くし、食べ物も油を取らないと肌は乾燥が悪化して、毛穴が目立ってくるんです。スキンケア、メーク、日常生活、全てにおいて、必要なものを補いながら、心身のバランスを整えていこうと思います。

教えてくれたのは……樹神さん モデル・44歳
素肌の美しさは業界のトップクラス!ヘア・メークさんからの指名が殺到する大人ビューティモデル。スキンケアにも詳しい。

 

45歳の毛穴傾向

40代半ばになると、皮脂も減り、毛穴に汚れが溜まりにくくなります。その代わり、乾燥を感じることが増えます。乾燥すれば、キメが乱れ、毛穴も開いてくるので、潤いを絶やさないことが重要です。

 

 


 

 

スキンケアもベースメークも毛穴を引き締めるようにしています

 

洗顔後直ぐに、クリニークのフレッシュプレスト C10を使います。フレッシュなビタミンCで毛穴がキュッと引き締まります。乳液などに混ぜて使っても◎。

 

 

ファンデの前に、ランコムのタン イドラ ウルトラ ウェア ブラーを凹凸部分に塗り込み、毛穴を小さく整えます。潤い効果もあるので、シワにもお勧め。

 

 

 

崩れにはベースメークで乾燥毛穴とくすみを消してクリーンに見せます

 

夏限定のコーセーのエスプリークのひんやりタッチ 化粧下地スプレーでベースを。ひんやり感触で、毛穴が縮まり、皮脂、汗、水に強く肌がサラリとします。

 

 

THREEの下地、アンジェリック コンプレクション プライマーで色と凹凸を整えます。上のピーチは目の下や頰のくすみ隠しに。グリーンは赤みが強い時に。

 

 

アルビオンのホワイトニスタファンデーションがマイブームです。毛穴も埋まり美白効果もあるので、肌がキレイに見え、ツルツルの磨かれたような肌感に。

 

 

 

崩れ防止の仕上げにはパウダーをブラシでふんわり纏わせます

 

ベースメーク、化粧直しの最後には、アディクションのパウダーが必須です。ブラシで軽くつけるだけで、見違えるような肌に生まれ変わります。

 

 

 

持ち歩きポーチの中はベースが中心

 

崩れたときのために、ベースメークコスメ中心。仕上げに使う、アディクションのパウダー、ファンデ、スティックタイプの下地3本、部分用美容液、チーク、リップ、ブラシ 。

 

 

 

2019年『美ST』8月号掲載
撮影/内山功史(人物)、川原歩(静物) ヘア・メーク/辻元俊介〈ラ・ドンナ〉 取材/井口智恵 編集/桐野安子