仁香さん・亀恭子さんもおすすめ!40代でもきれいに着れる【着やせ水着】6選

2019年夏の水着のトレンドはワンショルダーと変形ワンピース。40代だからってもう水着を着るのを諦めたらだめ!選ぶ基準さえ分かれば、細くキレイに見えますよ。

 

 

モデルの仁香さんはデコラティブトップスで程よく目隠し

 

ポイントは
➊肩まわりをカバー
➋ハイウエストでお腹も安心

 

一見ワンショルダーのデザイン風だけど、左は細ストラップが付いていて安心。右肩のリボンも二の腕カバーに有効。ショーツは、ピンクブラウンが大人っぽい。上下別売りだから、手持ちの水着と組み合わせて楽しむことも可能。ブラ¥14,000ショーツ¥9,000(ともにALEXIASTAM)ハット¥32,000 ビーチサンダル¥6,800(ともにミコモリ/ミコモリ 表参道ヒルズ店)

「気をつけていても年齢とともにお肉のハリも変わってくるし、上半身はお肉がつきやすいもの。大好きなビキニでも、トップスはバストをしっかり包み込んでくれ、デコラティブなものを選んで、上手に隠す工夫をしています。その代わり、ショーツはシンプルなものでスッキリ。これはハイウエストで露出を抑えられるところがお気に入り。」

 

教えてくれたのは……モデル 仁香さん(43歳)
本誌2月号から登場。いつまでも変わらない可愛らしさが憧れ。16歳年下の旦那さんとの仲良しっぷりも見られるインスタも人気。

 

 

スタイリストの亀恭子さんは胸元安心なワンショルダー

 

ポイントは
ウエストラインがキレイに見える

 

シックなバイカラーやウエストの斜め切り替えなど細見えポイントがたくさん。トライアングルストラップのワンショルダー、立体的な作りのバスト部分など、削げがちなバストもしっかりホールド。水着¥18,500(ELENDEEK)サングラス/スタイリスト私物

「展示会で一目見て即決したエレンディークの水着。ずっとワンピタイプの水着ってオシャレでいいなぁと思っていたんですが、メリハリがなくなって幼児っぽくなりそうと懸念していました。片側のウエストサイドにカッティングがあるこのデザインならボディラインにメリハリが生まれてキレイに見えます!」

 

教えてくれたのは……スタイリスト 亀 恭子さん(41歳)
女らしく上品なスタイリングが支持され、数多くのファッション誌で活躍。4歳男の子のママ。このGWも早速バリ島へ水着を持ってお出かけ。

 

 


 

 

やっぱり“映え水着”が着たいならアシメトリー推し!

 

ワイヤー入りでバストアップ

 

ポイントは
腰骨まわりをカバーする高さあり

 

サイズ展開が豊富。ハイレグすぎないショーツだから腰張りさんも安心。ブラ¥7,407ショーツ¥4,167(ともにカルツェドニア/エイチスリーオーファッションビュロー)バッグ/スタイリスト私物

「3児を母乳育児したバストは、垂れと削げが悩み。そんな私が出合ったのが、イタリアランジェリーブランドの胸のふんわり感がしっかり作れる水着です。」

 

教えてくれたのは……
専業主婦 西谷章代さん(40歳)

 

 

ワコールのサポート機能満載!

 

ポイントは
➊背中カバーも
➋下っ腹補整

 

背中や脇にサポート機能が付いているから、着るだけでキュッと引き締め。柄水着¥22,000(コーラルベール/San-ai Resort)バスタオル¥12,000(ミコモリ/ミコモリ 表参道ヒルズ店)

「ワコールとの共同開発で、スタイルサポート機能が付いた水着。下っ腹の肉が気になってきたから、下腹部だけ伸びにくい素材でお肉をスッキリ抑えてくれるのは頼もしいです。」

 

教えてくれたのは……
TEAM美魔女 箕輪玖美さん(48歳)

 

 

ハリ感素材で肉感を拾わない

 

ポイントは
露出少ないのに美くびれ

 

バストの縦幅が広く、しっかりバストを覆うから、大きめバストにもオススメ。水着¥21,000(Estella.K/ジャミン)

「産後、頑張ってトレーニングをしても伸びたお腹の皮は隠しきれません(笑)。お腹はカバーしながら、くびれを実際以上にあるように錯覚させてくれる片側切り込みは最高!」

 

教えてくれたのは……
アロマテラピーアドバイザー 山田令枝さん(39歳)

 

 

お腹も脇肉も安心。変形ワンピ

 

ポイントは
ピタピタしないゆとりシルエット

 

シックで大人っぽいブラック水着の中に、丸いスカラップモチーフやホルターネックなど可愛らしさも。水着¥26,000(ミコモリ/ミコモリ 表参道ヒルズ店)ビーチサンダル/スタイリスト私物

「華奢すぎる体型が悩み。ビキニ派でしたが、この水着はワンピとビキニの良いとこ取りの大人デザイン。程よい上半身の露出感とお腹まわりのカバー具合のバランスが◎。」

 

教えてくれたのは……
IT企業勤務 鴛海敬子さん(38歳)

 

 


 

 

水着はワンショル変形ワンピースで「ちょうどいい肌見せ」が今年っぽい

 

今年の2大水着トレンドは「ワンショル」と「変形ワンピ」です。どちらも肌見せのバランスが適度で、露出しすぎたり、逆に隠しすぎてスクール水着!? な残念な感じにもならず、大人の女性にピッタリ。ワンショルは、しっかり太めのものを選ぶと女っぽいけど上品。ワンピは、今年はウエストサイドカッティングのものが特に人気です。

 

教えてくれたのは……スタイリスト 桑代 愛さん(35歳)
VERYやSTORYを中心に活躍。女らしいカジュアルコーデが得意。自身も2人の子どものママだから、水着はマスト。yoriを愛用中。

 

 

 

2019年『美ST』8月号掲載
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/桑代 愛 取材/嶺村真由子 編集/漢那美由紀