【目と眉の間、鼻の下、頬】老け見えの原因=顔の余白を長井メークでキュキュッと解決!

流行りのメークがしっくりこない。その原因は、いつの間にかできてしまった「顔の余白」のせいで、顔が間延びしているのが原因かも知れません。目と眉の間、鼻の下、頬、をキュッと引き締めるメークのテクニックを長井かおりさんに教えていただきました。

顔が間延びして「余白」ができるのが、いつものメークが老けて見える原因!

〈Before〉トップス¥16,500(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)〈After〉カーディガン¥12,100(ハッシュニュアンス/オンワード樫山)ピアス¥48,400(カラットアー/イセタンサローネ東京)
顔の余白埋めテクは美ST世代にはマストだけど、やればやるだけいいというものではなく、自分の顔のバランスと相談することが大事。最近よく見るのは眉を下に下げるテクニック。もちろん日本人の骨格的に彫りが深く見えるのだけれども、目と眉の間が詰まる分、頰は肥大化している人もいるから要注意。流行りのベージュチークも素敵だけれど、頰の面積を小さく見せたいなら断然血色チークがおすすめです。頰をチークのラインで分断すれば、きっと若見えするはずです。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 長井かおりさん
読者目線のメークテクニックやメーク知識の豊富さで美容誌でも活躍中。著書『時間がなくても大丈夫! 10分で“いい感じ”の自分になる』(扶桑社)も大人気。

【目と眉の間の余白解消】自然な〝若い目〟を作るなら下を描くより毛流れを下に

スクリューブラシを使って眉頭は立ち上げ、それ以外を下げるだけで自然と目との距離が縮まります。眉上にハイライト(C)を入れて眉位置を下方修整。アイホールより上までアイシャドウ(L)を。アイライン(B)はこめかみを引き上げてから大胆に跳ね上げて入れ、かぶさったまぶたを引き上げて。マスカラ(A)で上まつ毛をしっかり上げて。
A カール持続力が◎。ファシオ パーマネントカール マスカラ F 02 〈ロング〉 ¥1,320(コーセー)、B 薄墨カラーだから大胆なラインも馴染む。ニュアンスアイライナー 01 ¥3,300(SUQQU) 、C 眉上の補整したい部分もナチュラルにカバー。トーンパーフェクティング パレット 01 ¥4,950(コスメデコルテ)、D 欠けた部分にのせるだけで地眉のように仕上げる。オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルスキャンブロウ¥3,850(ヤーマン)

【鼻の下の余白解消】大事なのは長さより反り!上唇の上にパールの〝かもめ〟を描いて

Hでリップの縁外側をなぞるように上下とも唇に厚みを出してからセミマットな口紅(G)を。唇同士を重ね圧をかけリップライナーとの境目を馴染ませれば自然に。上唇の反り感を出すために、唇の上に〝かもめ〟状にハイライト(F)を。シャドウ(E)は筆を縦に使って影を作り、唇の山脈を際立たせて。
E・F ハイライトと自然な影が作れるクリームシェイディングがセット。スウィーツ スウィーツ パーフェクトノーズメーカー 01 モカブラウン ¥1,210(シャンティ)、G ほんのりツヤのあるヌーディマットだから素肌に溶け込みます。ラプソリュ ルージュIM 169 ¥4,400(ランコム)、H 絶妙な赤みベージュでオーバーリップがナチュラルに。ディオール コントゥール 414 ¥3,190(パルファン・クリスチャン・ディオール)

【頰の余白解消】引き上げ&分断2本のチークラインでキュッと上がった横顔に

目のキワまでファンデやコンシーラーを塗るのはNG。下まぶたはゴールドシャドウ(K)で立体と吸引力のある目元にすれば、頰の広さも軽減。Jのチークを頰の一番高い位置からスライドするように入れ肌を分断し、さらにこめかみ方向に引き上げるように入れます。これで横から見ても顔がきゅっと締まるはず。最後にフェースラインにシェーディング(I)をひと撫で。
I 境界線が見えないほど、表情の一部になる優秀シェーディングパウダー。シャドウプレイコントゥアリングパレット¥6,050(THREE)、J コーラル系の血色チークを幅広めに入れることで、彩りと華やかさを。フィト ブラッシュ 03 ¥7,590(SISLEY)、K・L 大人肌に馴染みやすいイエローゴールドの繊細パールが輝き艶っぽい目元に。シグニチャーカラー アイズ 03 ¥7,700(SUQQU)

年齢とともに顔に「余白」ができるのはなぜ?

1:目と眉の間
支えてくれる骨がないから重力に負けたかぶりまぶたに
目がある部分の骨格は空洞で、筋肉や脂肪で支えられていますから、加齢により脂肪が減少すると重力の影響が顕著に。上まぶたを引き上げている筋肉も弱まるので、まぶた全体がかぶるように下がります。

2:鼻の下
唇の反りがなくなりのっぺりと間延び
口輪筋や鼻の脇にある上唇挙筋や上唇鼻翼筋が硬化し、引き上げる力が低下。口元内部の柔らかい組織も加齢により緩み始めます。すると人中の山が消え、鼻の下が伸びたように。

3:頰

脂肪の減少と筋力の低下で四角く広く平坦に
皮下組織の脂肪が減少することにより、皮膚がたるみ、ハリが失われます。顔の中央部で皮膚や脂肪を支える靱帯も劣化するので、頰全体が下垂し平坦になります。


教えてくれたのは……教えてくれたのは? 慶田朋子先生 銀座 ケイスキンクリニック 院長
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。美容雑誌でもわかりやすい解説が人気。『女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)。

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』6月号掲載
撮影/中島 洸 (まきうらオフィス)〈人物〉大槻誠一〈静物〉 ヘア・メーク/長井かおり スタイリスト/菊地ゆか  取材/稲垣綾香 編集/長谷川 智