【オバさん脱却】若見え&美人見えな後ろ姿に変わる〝即効〟美姿勢アドバイス

体重は変わっていなくてもコロナ禍の運動不足で筋肉が落ち、後ろ姿がダルダルになっていませんか。 即効性のある美姿勢キープ法を取り入れれば10分後には後ろ姿美人になれるはずです!まずは自分の後ろ姿をセルフチェック&美姿勢賢者の5ヶ条で、-5歳若見えを目指しましょう。

買物帰り、シュッとした後ろ姿で噂の美人妻に!

歩き方が悪いため、肩が傾き背中も丸まった後ろ姿には哀愁すら漂います。どんなに綺麗なメークをしていてもこれでは台なし。体幹を感じながら背筋をまっすぐ伸ばし、かかとから着地して歩くだけでも後ろ姿は一新。常に姿勢を意識し続けることが大切。

後ろ姿を整えることで、スタイルアップが可能です!

同じ身長・体重でも姿勢が良ければ−5歳、−5kgに見えるもの。つまり、たとえコロナ禍で体重が増えてしまっても、姿勢を整えるだけで挽回は可能!抜群のスタイルを誇るモデルの仁香さんのスタイルキープの秘訣は「姿勢とウォーキング。たとえ太ってしまっても、正しい姿勢を保てば腰の位置が上がり、脚も長く見え、首や肩のもっこり感も解消。逆に姿勢が悪いとBBA化一直線」。Yumi Core Body代表のYumicoさんも「姿勢が悪いと腸が圧迫されるので便秘の原因にも。私は頑固な便秘体質だったのですが、姿勢を整えて便秘を解消したらたくさん食べても太らない体に。自律神経にも良いんです」。そこで即効性のある姿勢改善法を探りました。

【まずはセルフチェック】意外と見られてる!オバさん後ろ姿チェックポイント

①脇下のハミ肉とメリハリのないウエスト

「私は太っていないorダイエットするから大丈夫」と、根拠のない願望から下着のサイズ確認を怠っていると、ぜい肉は脇に腰に背中にハミ出しがち。お尻の上の部分にもうっすらと脂肪がのって、大型寸胴鍋体型に。早急な下着の買い替えが必須です。

②もっこりとした肩と丸い背中

冬の間、寒さもあり丸まりがちだった肩。いつの間にかそれがデフォルトになっていませんか。肩が丸まっていると、肩こりや首こり、腰痛などの原因にも。姿勢矯正ベルトなどで肩の位置を補整して、姿勢を意識しながら過ごすだけでも変化が。

③顔が前に出ているスマホっ首

姿勢の悪さや肩こりの原因の一つとされるのが長時間スマホ。まっすぐな姿勢で頭を支えるためには約6kgの負荷が肩や首にかかります。スマホを操作する時にはその4倍にもなるのだとか!スマホっ首が固定化してしまう前に、スマホ時間の見直しやストレッチで改善を。

④垂れて四角くなったお尻

お尻にエクボのような凹みができることから〝ピーマン尻〟とも呼ばれる四角尻。ステイホーム生活で椅子に座っている時間が長くなったことも原因と言われています。丸くキュッと上がったお尻に戻すためにはお尻の中殿筋から鍛えましょう。

【体験談】私がオバさん後ろ姿に気づいた瞬間…

自分の残念な後ろ姿に気づいてしまったことはありませんか?ちょっと笑える、あるあるエピソードを集めました。

●リブニットで+5歳!?

お気づきでしょうか……程よいフィット感のリブニットはコーディネートの幅も広いけれど、肉を拾うパワーも抜群ですよ……。

●インスタで逆映え

友達が何げなくアップした写真。そこにはなんと背景に映り込んだ私の残念な後ろ姿......。気づいてたなら言ってほしい!逆映え注意です。

●レッスン場、そこは戦場

ヨガなどのレッスン場の全身鏡を見てドキッ!スタイル抜群の先生の後ろ姿の前でただただうなだれるばかりに。

●オープンキッチン死角!

オープンキッチンは後ろ姿を常時家族に晒される場所。不意打ちで子どもに写真を撮られた日にはショックで立ち直れません......。
●360度丸見えドローン撮影……初めてのドローン撮影。前後左右&頭上や地面スレスレからも撮られ、得意のモデル立ちも効果ゼロ。

●スマホの広角ビデオの罠……最新スマホの広角レンズは画角広すぎ。写っていないと油断すると、画面の端には歪み気味の後ろ姿が。

後ろ姿美人なあの人の〝即効〟美姿勢5ヶ条!

姿勢は少し意識しただけで、見た目が大きく変わってくるもの。そこで美姿勢と言われている姿勢賢者に即効性のある美姿勢作りを教えていただきました。
仁香さん
モデルとして活躍する傍ら、ウォーキングアドバイザー、姿勢アドバイザーの資格を取得。驚くほどの脚長と姿勢の良さは日々のウォーキングでキープ。「毎日20分ちゃんと歩くだけでダイエット」が自説。
Yumicoさん
くびれ母ちゃんでお馴染み。3児の母でありながら、美しいくびれボディを保つ姿勢改善コアトレーナー。オリジナルのレッスン詳細についてはhttps://yumicorebody.comまで。
木村眞由美さん
神戸在住、セレクトショップ「hananoki」のオーナーであり84歳のインスタグラマー。抜群のファッションセンス、オシャレな着こなしが話題に。どんな洋服も着こなすコツはスッとした立ち姿のカッコ良さに尽きます。

ルール1:出がけ前に壁を使って正しい姿勢の位置を取り戻す!(by仁香さん)

「正しい立ち姿を確認する時は壁に肩・お尻・かかとをぴったりとつけ、立ってみること。大抵は反り腰になってしまうので、要注意。正しい姿勢で立つと予想以上に体幹の筋肉を使い、辛いものなんですよ(仁香さん)」

ブラトップ¥6,500、トップス¥6,500、レギンス¥7,900(すべてヘレイアム/アダストリア)
肩とお尻だけを壁につけた〝反り腰〟姿勢が一番陥りやすいNGパターン。要注意です。腰と壁の間は手のひらくらいの幅がちょうどいい姿勢。お腹に力を入れて姿勢キープを。

ルール2:歩く時は、かかとから着地、踏み出す足は内重心を意識(by仁香さん)

①片足を前に出し、かかとからまっすぐに着地。この時、視線を前方に持っていくようにすると全身がビシッと見えます。②前足のかかとが地面に着いたら、足裏から親指と人差し指の間に重心を移動させます。内側の筋肉を意識するとO脚も改善。
【OK】かかとからまっすぐに地面についた状態。体幹と内腿の筋肉を使うことを意識。【NG】のように外側重心にならないように。靴のかかとの外側が減る人はこの姿勢になっている証拠。

ルール3:肩甲骨をほぐすことで美姿勢がついてくる(by仁香さん)

肩を正しい位置に保つためには柔軟性もマスト。肩回しをしっかりと行うと血行も良くなるので、肩こりや頭痛も改善され て、顎や顔のむくみもスッキリと。最初は鏡を見ながら行い、きちんとこなせているかチェックを。

●指先を肩に置き、回転運動

①手のひらを肩にふんわりとのせて。手のひらを肩の外側置くほど、肩が大きく回るので難易度が高くなってきます。②そのままの姿勢で肘を下から上へ。腕が耳の横をかするように上へ上げ、後ろへ回します。腕が逆ハの字に開かないように!③肩を開くようにして後ろへ。ワンセット10回転くらい。後ろから前の逆の回転は肩が内側に入るので必要ありません。

●肩を開き腕を平行で前後に

①指先をピンと伸ばして、手を肘の位置まで平行に上げます。この時に肘は90度くらいをキープして。②肩の筋肉を使って腕の位置を保ち、腕を前に。腕が下がらないよう前後に伸縮させます。20回×2セット。

●仕上げは勢いよく上下運動を

①ルール1の正しい立ち位置を確認しながらまっすぐに立ち、肩を広げながら手のひらを肩の位置まで上げて。②巻き肩にならないよう注意しつつ、そのまま腕を天に突き上げる。視線を先に向け、頭が下がらないように。20回×2セット。

ルール4:「姿勢良くしよう」はNG!具体的なイメージが肝

賢者Yumicoさんは胸のペンダントが常に太陽にあたるように意識。木村さんは店頭での接客の合間に昔レッスンをしていたバレエのポーズを思い出すようにしているそう。ともに具体的なイメージを持つことが肝。

●ペンダントを太陽にあてる感覚で(by Yumicoさん)

肩から背中を柔らかくした状態で肩をしっかりと開きます。胸元のペンダントを太陽にあてる要領で。最初は難しいのですが、諦めずに。トレーニングを重ねて柔軟さと筋力が備われば正しい姿勢をキープできるはず。腰は反り腰、肩が前に出るのはNG。常に肩を開き、体幹で支え、顎も上げ気味に。

●バレエポーズを意識すると自然と姿勢良く(by 木村眞由美さん)

ショップの中でもバス停でも立ち止まったら自然にクラシックバレエの立ち姿勢に。背中を反らすのではなくて、頭の上から吊られているように一直線に立つのがポイントです。足を180度に広げて立ち、片方の足を前へ平行移動すると背中も自 然とまっすぐに。

ルール5:座る時は、お尻の骨を椅子に突き刺す感覚で(by Yumicoさん)

ステイホームとリモートワークで椅子に座っている時間が増えた今、再び椅子の姿勢も見直しを。無意識に座っているといつの間にか背中は丸まり、頭は前にのめりこみがちに...。座る時には背面とお尻の間に小さなボールを挟むような感覚で。100均などの小さなバランスボールを使うのも手。
ボールが動かないようお尻で背面に押さえ込む。同時に坐骨は椅子に突き刺す感覚で。座り姿勢を保つためには空気の抜けたボールを使っても◎。上はYumicoさんの著書の付録。『くびれ母ちゃんの骨からボディメイク-3DX BODY-』(ワニブックス)

美魔女・神野静香さんが挑戦!

神野静香さん(41歳)美容関連会社経営
コロナ太りと姿勢が悪かったのが原因で変な位置に贅肉が!でも、少し意識しただけで改善できたのでこれをキープしたいと思います。

【つけるだけで】美背中&美姿勢アイテム試しました!

●中山式脊椎医学キョウセイベルト

程よい太さで肩に食い込まない矯正ベルト。家事やデスク作業の合間に身につけていると自然と正しい姿勢に導いてくれます。¥5,500(中山式産業株式会社)
Tシャツの上から簡単に装着。最初は少しきつく感じていても自然に馴染んできます。背骨の歪みも矯正されるので肩こりや腰痛も解消。
スマホで巻き肩になりがちなシーンもベルト装着で美姿勢に。160cm程度の普通体型の女性ならばMサイズがおすすめです。

●MTG スタイルスマート

カイロプラクティックのメソッドを応用した独自のシステムで座るだけで姿勢ケアに。全3色展開。¥15,800(MTG)
反発性のあるクッションが背後から柔らかく背中と腰を包み込み、背骨を自然なS字カーブに保ってくれます。

●マルコ ボディシェーパー

上半身全体を包み込み、ボディラインを整えてくれる体型補整下着。桜柄部分は極細のストレッチ糸を使用。圧を分散させて優しくホールド。ベルアージュ アヴァンセ サクラ ¥43,000〜(マルコ)
身につけた途端に、脇のハミ肉も腰の上にのっていた贅肉もきれいに収まり後ろ姿すっきり。長期間使用でボディメイクも可能に。

●脇をやさしくおさえるブラ

ワコール ラゼのブラは脇が幅広い設計で、脇肉をおさえてすっきり。程良いホールド感で優しいつけ心地。背中の上辺は圧迫感の少ないフリーカッティング。アウターにも響きにくい構造になっています。¥7,500〜(ワコール お客様センター)
つけるのも通常のブラジャーと同じなので手軽に使えます。脇肉がすっきりと収まり、贅肉の段差ができることがないのも嬉しい。

こちらの記事もおすすめ!



2021年『美ST』4月号掲載
撮影/大瀬智和、山口陽平<VENTO>(木村さん分) モデル/神野静香 スタイリスト/朝倉 豊 ヘア・メーク/RYO<ROl>、川岸ゆかり(木村さん分) 取材/安西繁美 編集/鈴木ヒナタ
PICK UP
注目記事