上向きまつ毛を作るビューラー【美容誌モデル9人の愛用品】って?

知られていないかもしれませんが、ビューティーモデルはアイメークの撮影があるのでまつエクはしません。メークさんに自分でまつ毛を上げて、と言われることもあるので、お気に入りビューラーは撮影現場でマスト。モデルお墨付きのビューラーを教えてもらいました。

1:松本若菜さんは限定品だったRMKのポイント用

限定で発売されていたRMKのポイントビューラーで、目尻のまつ毛を少し上げるだけの、ゆるめカール。
教えてくれたのは……モデル・松本若菜さん 37歳
テレビや映画でも活躍。アップ撮影もOKのキメ細かい美肌の持ち主。「もともと肌が弱いので、肌に負担をかけないものが好き。一年中潤いケアは必須です!」

2:橋本マナミさんは資生堂の美カールビューラー

もう5年くらい愛用しています。まつ毛がきれいに上がって、その後のマスカラが塗りやすくなります。使い続けたい永遠の名品。アイラッシュカーラーN 213 ¥880(資生堂)
教えてくれたのは……モデル・橋本マナミさん 36歳
ハリがあるのに柔らかそうなマシュマロ肌はみんなの理想!「撮影現場で一緒だった女優さんやメークさんと情報交換して、ステキなコスメを見つけます」

3:小畑由香里さんはローラ メルシエの負担軽減ビューラー

強く力を入れなくてもまつ毛をすっと上げてくれて、カクッとならずにきれいなカーブができます。アーティスト アイラッシュ カーラー ¥2,640(ローラ メルシエ ジャパン)
教えてくれたのは……モデル・小畑由香里さん 41歳
自然体の笑顔から溢れるハッピー感が魅力。誰よりも着替えが早いのはJJ仕込み。「こだわりを持ちすぎず何でもトライする好奇心で常にアップデートします」

4:松田樹里さんはPanasonicホットビューラーと資生堂

結局これが一番使いやすくて、どちらも20年来の付き合い。左から・アイラッシュカーラーN 213 ¥880(資生堂)、まつげくるん EH-SE11 ¥1,790〈編集部調べ〉(パナソニック)
教えてくれたのは……モデル・松田樹里さん 43歳
JJモデルの頃から変わらない清潔感と上品さに惚れ惚れ。「気に入ったものは一途に使い続けることが多いんです。10年近く愛用しているものもたくさん」

5:前田ゆかさんは他モデルと最多カブリ!資生堂のビューラー

ゴムに弾力があるから力を入れなくてもまつ毛を1本残らず上げてくれるところが好き。丸みのある優しげなカールが作れます。アイラッシュカーラーN 213 ¥880(資生堂)
教えてくれたのは……モデル・前田ゆかさん 50歳
マエユカバングス、マエユカ食など生まれた企画は数知れず!資格を取るなど常に勉強熱心な姿勢はさすが。「肌状態を見て一番補いたい成分を最初につけます」

6:神戸蘭子さんは貝印のホットカーラー

しっかりまつ毛を上げたい時にはこれ。カーラーよりも、狙ったところに使えるので、失敗がありません。ホットアイラッシュカーラー グラマラスレッド ¥2,420(貝印)
教えてくれたのは……モデル・神戸蘭子さん
天真爛漫という言葉がピッタリ。愛くるしいピュアな笑顔に、癒される人続出。「実は頭皮がずっと荒れていたのが、オージュアのシャンプーで改善!オススメです」

7:樹神さんはADDICTIONの根元上げビューラー

自分の目の幅と形に合っているビューラーをずっと探していたのですが、1カ月前についに発見した運命の一品。アディクション アイラッシュ カーラー ¥1,320(ADDICTION BEAUTY)
教えてくれたのは……モデル・樹神さん 46歳
ちなみに読み方は「こたま」さん。凛とした強さとふわりとした柔らかさを兼ね備え、自然と上がった口角が美しい。「マスク不調に負けない強い肌が最近の目標です」

8:吉村ミキさんは資生堂の美カールビューラー

覚えていないくらい前からこのビューラーを愛用。まぶたをはさんだり、まつ毛が抜けたりすることなく、しっかりカールアップ。アイラッシュカーラーN 213 ¥880(資生堂)
教えてくれたのは……モデル・吉村ミキさん 50歳
編集部での愛称はミキティ。顔のどの部分を見てもキュート、なのに内面は実はサバサバ系というギャップも。「ポーラやランコムなど信頼感あるブランドが好き」

9:樋場早紀さんはやっぱりこれ!資生堂のビューラー

しっかり根元から上がるように、斜め下を見ながらきれいで自然なカーブを作ります。私の目の幅と形にピッタリなんです。アイラッシュカーラーN 213 ¥880(資生堂)
教えてくれたのは……モデル・樋場早紀さん 37歳
メークにより印象がコロコロ変わる、まさに美容モデルの鑑。「夜のスキンケアは化粧水、オイル、シートマスク、美白美容液、クリームの5ステップで念入りに」

こちらの記事もおすすめ



2021年『美ST』9月号掲載
撮影/高嶋佳代〈静物〉 取材/伊藤恵美 編集/矢實佑理
PICK UP
注目記事