大人世代のメークさんが【自分メークにも使っている】ベースメークの逸品7選

プロのメークさんって肌の作り方がやっぱり上手!乾燥やくすみなどの40代50代の肌悩みをカバーして、ツヤや透明感をアップするベースメークを一番よく知ってるのは、同じ悩みもつ同世代のメークさんです。自分自身にも使うほど溺愛しているベースメークの逸品を教えてもらいました。

1.MICHIKO.LIFEの潤い持続ベース/藤原美智子さん

自然な潤い感のある肌のための必需品。休日はこれ1つでOKです。高いUV効果も嬉しい。MICHIKO.LIFE エッセンスベース UVグロウ SPF50+・PA+++ 30g¥5,500(エクロール)
藤原美智子さん
誰をも華のある美人顔に変えるカリスマ。オリジナルコスメも手掛ける。「メー クした!という感じではなく、元が綺麗な印象を手助けしてくれるものを愛用」

2.HAKUのクッション10と20をW使い/中野明海さん

20は顔のサイド、10は中心に2色使い。HAKU ボタニック サイエンス 薬用 美容液クッションコンパクト オークル10、20 SPF30・PA+++[医薬部外品]12g ¥3,520<編集部調べ>(資生堂)
中野明海さん
芸術作品のような繊細なメークの作り手。キュートなルックスも憧れの的。「私の顔はおうとつ感があるので、立体感を消すマットなメークをしています」

3.カネボウの光沢感ベース/ 岡田知子さん

頰周りは重ねづけするのがオススメ。くすみが一瞬で吹き飛びます。カネボウ トリートメントグロウ プライマー SPF18・PA++ 30g ¥4,400(カネボウインターナショナルDiv.)
岡田知子さん
ほんのり色気のある斬新なメークで、垢抜け顔に仕上げる。「メークは気分が大事。塗った時に洗練されて見えて、テンションが上がるものを使っています」

4.クレ・ド・ポー ボーテのリキッドファンデ/イガリシノブさん

撮影の時に使って一目惚れ。フェイスラインは塗らずに、顔の中心から少量をなじませていくのがオススメ。タンフリュイドエクラ ナチュレル 35ml ¥14,300(クレ・ド・ポー ボーテ)
イガリシノブさん
アイディア溢れる個性的なメークで時代の先端をリード。美ST世代ド真ん中42歳。「眉は少し色みを感じる程度に軽く、リップは発色よい色を。血色感が重要」

5.エトヴォスのクッションファンデ/森野友香子さん

敏感肌でマスク荒れもするのですが、これは肌に優しくてツヤもあるのが嬉しい。ミネラルグロウスキンクッション ナチュラル SPF30・PA++++ 12g ¥6,380(ケース+パフ付)(エトヴォス)
森野友香子さん
自然体の魅力を引き出しつつ、トレンド感もあるメークが好評。「発色はよいけれど肌になじむものを愛用。デパートからドラッグストアまで見て回ります」

6.ラ ロッシュ ポゼの血色感UV/犬木 愛さん

日焼けしやすい頰は、指を置くようにトントンなじませながら2度塗り。透明感が生まれます!UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズSPF50+・PA++++ 30ml ¥3,740(ラ ロッシュ ポゼ)
犬木 愛さん
まるでメークしていないかのようなピュアな肌作りの天才。「肌のアラはコンシーラーで上手に隠すのが大事。眉は少し色みを足して遊びます」

7.ディオール スノーの透明肌ベース/Georgeさん

顔から首までのばしています。黄みが消えて透明感がアップ。スノー メイクアップ ベース UV35 ブルー SPF35・PA+++ 30 ml ¥6,600(パルファン・クリスチャン・ディオール)
Georgeさん
わかりやすい解説で悩みを解決するメークテクニックが大人気の39歳。「自分メークは、ベースやパウダーで肌の透明感を引き立てるのがポイントです」

こちらの記事もおすすめ!



2021年『美ST』9月号掲載
撮影/高嶋佳代<静物> 取材/伊藤恵美 編集/矢實佑理