次に流行る!完売必須の40代が買うべき【プチプラコスメ】厳選5選

ステラシード、K-パレット、メディア、キスミー、LB。プチプライスなのに優秀なアイテムから続々新作が登場。40代が買うべき、売り切れ必須のメークアイテムを厳選しました!

ステラシードのふっくらリップ ¥1,300

大人気のリッププランパーがこのプライス! このふくらみ!

ヒアルロン酸、ハチミツ、シアバター、アボカド油など保湿成分配合でメークしながら唇ケアも。プランプピンク メルティーリップセラム(ステラシード)
「不思議なことにつけるだけで縦ジワが消えてぷっくり。プチプラだとギトギト&テカテカしそうですがピュアで抜け感が!ベビーピンクなのでリップ下地としても愛用中♡」(編集・佐久間)

口角をしっかり中央はチップ縦使い塗り

だらしなく見えないようにチップの角を使って口角からスタートしてエッジを締めて。唇中央はチップを縦にしてたっぷり塗ってより強調し唇にメリハリを。

K-パレットの3Dシャドウライナー ¥1,200

40代でもイタくない涙袋メークが実現できる!

コシのある極細筆でマットなのでラインがバレにくい。パウダーは塗りやすいチップで細かいパールが白浮きしない。ラスティング3Dシャドウライナー ルミナスベージュ(クオレ)
「苦手だった下まぶたメークを克服したくて購入。入れました感がないベージュなので40代でも若作りに見えません。曖昧になった二重ラインでも涙袋は作れるんだ! と感動。」(ライター・吉田)

くっきり二重と涙袋で目力が劇的UP

黒目の上から目尻に向かって二重に沿って筆でラインを描きます。次に目の下3~5㎜くらいの幅にパウダーで涙袋を描きます。濃かったら指でぼかすと自然。さらに涙袋の下にラインを引いて影を足して、より涙袋がぷくっとくっきり。

メディアのアイブロウペンシル ¥500

柔らかい芯のおかげで太い眉が簡単に自然に

最後まで使える繰り出し式。3色展開。毛が少ない人にも◎。アイブロウペンシルAA ダークブラウン[価格は編集部調べ](カネボウ化粧品)
「力を入れずソフトタッチで描けるほど本当に柔らかい芯。これを使ってからは、柔らかい太めの眉を安定して描けるように。この値段なのに汗をかいても落ちにくいのも高ポイント。」(ライター・伊藤)

ブラシでなぞればパウダーのように密着

楕円芯の広い面で眉下の形を整えるように描きます。中央の隙間を埋めたら、ブラシでなぞるようにすると柔らかいのでパウダーっぽく使えてより密着します。

キスミーのシワ消し下地 ¥1,100

輝きの力でシワをなかったことに

光の補整効果で、くすみやシワを明るさと輝きでぼかす部分用下地。2色展開でベージュは明るさUP。キスミーフェルム 明るさポイントベース01 SPF26/PA++(伊勢半)
「筆タイプで、隠したいシワやクマにピンポイントにフィット。ヨレやすい場所も薄膜の筆は最適。明るくパッと飛ばせるので、シワ消しとハイライト使いが効果的。」(ヘアメーク・TOMIEさん)

輝きが欲しい場所にちょんちょんとのせて伸ばすだけ

明るくしたいクマとほうれい線に筆でトントン塗り。目はシワの気になる目尻まで指で伸ばします。ハイライト効果を狙って鼻の付け根にひと塗り。指で鼻筋に伸ばしたらスッとします。

LBのクリームチーク&リップ ¥700

クリアな発色で軽く使える!「赤が苦手」な人にこそおすすめ

重くなく程よいツヤ感のクリーミィさが頰と口元にマッチ。6色展開。コンパクトサイズなので集めたくなる。ドラマチックジェリーチーク&ルージュ ドラマチックレッド(LB)
「色白なので、チークもリップも赤は敬遠していたのですが、このチークは赤でもべたっとつかずクリアだから抵抗なくつけられます。頰と口元につけても軽やか。」(ライター・立花)

一度手のひらにとってべたっとを回避

①色の調整がしやすい&べたっとつかないように手のひらに指でとり、べたっとを回避。
②頰骨の高いところから1.5㎝上の部分に黒目下から楕円形に指で広げます。頰骨のちょっと上にのせれば上気肌に。
③上下の唇中央から左右に指で広げた後、もう一度手のひらからとり、上下中央部分に重ねてぷっくり感を強調。
2019年『美ST』8月号掲載
撮影/有馬秀星(MOUSTACHE)〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 ヘア・メーク/TOMIE(nude.) スタイリスト/坂野陽子(f-me) 取材/立花あゆ 編集/長谷川 智