モネと漫☆画太郎先生をこよなく愛する美魔女

「私が思う美魔女」

こんにちは。ファイナリストの深沢朱音です。
みなさま、いかがお過ごしですか??

私は先日、次男の初運動会を参観してきました!
コロナが少し落ち着きつつありますが、まだ自粛期間中ということもあり、短縮&分散、徹底管理のもと行われました。
昨年はどの行事もことごとく中止でしたが、今年はこのように無事に開催していただき、感謝の気持ちでいっぱいになりました。。

さて、今日は前回お伝えしたように「私が思う美魔女」について書こうと思います。

「美魔女」とは、奥深い美しさを持つ人のことを指していると自分なりに解釈しており、歳を重ねるほど知識や経験、感性、その人の生き方そのものが外見に表れると考えています。

例えるなら、本のような。

本の表紙は外見として、内容は内面としましょう。
表紙がクロード・モネの『散歩、日傘をさす女性』のような上品で優しいタッチの絵だとしたら素敵だな〜なんてパッと手に取りたくなりますよね。
でも、読んでみたら全く知らない著者の過去の武勇伝一覧だった!とか、、、
逆に内容がタイタニックのような感動の恋愛大作なのに漫☆画太郎先生が描いたジャックとローズだったとか、、

バランスが悪すぎますよね。。

ある意味ギャップがあって面白いか。。。(個人的に漫☆画太郎先生の漫画好きですよ!絵本2冊持ってますし、子供の頃楽しく読ませていただきました。)

この内容とボリューム、表紙のバランスが、美魔女にとって大切なことなのではと思うのです。

ということは、つまり意識、行動次第で誰でも美魔女になれるということ。

美魔女は遠い人、、
なんか近寄り難い、、
お金と時間がないと、、
そういった先入観、私も最初は持っていました。
しかし、考えてみたら実は意外と身近だと思いませんか?

元々生まれ持ったもので決まるのではなく、自分次第です。また、年齢の上限はありません。

私という本の中から日々の生活を通してこれが良かった!と実感したことや、逆に失敗したこと、経験を元に思っていることなどなど。。。
少しでもお役に立てるような内容を共有したり、逆に皆さんのお声を元に新しい挑戦をしたり、、ご一緒に楽しみながら歳を重ねていけたらと思っています。

どうぞ引き続きお付き合いのほどよろしくお願いいたします☆
どんな本になろうかな。。
※漫☆画太郎先生の漫画ではありません
SHOWROOMのリスナーさんにおすすめ頂いた「夜明けをつれてくる犬」を最近は愛読中。
運動会にて
ホワイト×ネイビーは園行事鉄板カラーコーデ♪
黒だとクール過ぎてしまう、、、そんな時はネイビーなら柔らかさと清潔感も兼ね備えられる優秀ママカラー。
フリーアナウンサー
深沢朱音
短大卒業後、ショールームレディのスバルスターズを経てフリーアナウンサーに。ウェザーニュースや、報道系ネットニュースを担当。現在12歳、11歳、3歳の子育て中心の生活のなか、他薦でコンテストに応募。コンテストを通じて今あるやるべきことを大切にしながら1つ1つ努力し、新たな出会いや刺激を受け、この先何をしたいのか見つけたいです。
PICK UP
注目記事