後ろ姿美人目指して①

座骨とお尻の話

神楽坂のカフェで
バレエ愛美魔女の中川絵里菜です。みなさんは「美人」ときいて何をイメージしますか?
私は後ろ姿美人を連想します。すっと通った背筋にぷりんとしたお尻があれば私の中で「艶やか美人」認定です!

後ろ姿ってその人の生き様が現れるように思います。お顔はメ―クで飾れても後ろ姿は飾れないもんね。
実際にバレエダンサーの後ろ姿はうっとりするほど美しくて先日の舞台でもじーっと背中に見惚れてしまいました。(じろじろ見てごめんなさい!)
それは職業だから当たり前ではなく、日々のトレーニングや食生活・習慣を意識して毎日丁寧に生きているからこその「美」なんだと思います。

きれいな後ろ姿を叶えるために先ずは骨盤を立ててみましょう!
お父さん座りをしてお尻を左右に揺らすとゴリゴリなる二つの骨が座骨です。この骨を真っ直ぐたてる。きついエクササイズは続かなくても、座る姿勢を意識するだけならみなさんできそうかな?
骨盤が立つとお尻もぷりんと現れるから不思議!
ちょっとした意識で身体はみるみる美しく変わります!実践してみてね。

一緒にエクササイズしたい方も大歓迎です。SHOWROOM配信で筋トレもしていますので気軽に遊びにきてくださいね。毎日配信チャレンジ中!

美魔女でいるために、今日も自分の身体が愛せるように、こつこつ、一緒に頑張ろう!ご一読ありがとうございました。


中川絵里菜
クラシックバレエ教師/教室経営
中川絵里菜
バレエ教室を経営しながら講師としても教えています。教室の可愛い生徒、ステップファミリーの思春期を迎えた息子と娘、朗らかな夫に幸せをもらう毎日に「ありがとう」を伝える気持ちを大切にしています。美ST誌面で自由に輝く40、50代の女性たちに心を奪われ、私も人の笑顔を引き出す存在になりたくて応募しました。
PICK UP
注目記事