幸せの年輪

みなさんは自分の顔で好きなパーツはありますか?目や鼻、骨格などがお気に入りの方はご両親に感謝ですね!それは生まれ持った恵まれものだから。

私にも最近、お気に入りのパーツがあります。それはね、目尻の笑いシワ!30代になり「自分らしく生きる」と決めてから、いわゆるキメ顔というものをしなくなりました。すると、ふっと目元が緩んで力が抜けるようになりました。
力んでいた頃は、写真撮影となると目を開いて口角をキュッと上げて...今アルバムを見返すと何かを威嚇しているようなとても面白いお顔をしています(笑)。その時はシワが出来るのが怖かったですし、どこか他人事のように思っていた気がします。

でも今は自分の目尻を愛せるようになりました。それが幸せの証と気付いたからです。たくさん笑ってきたから刻まれる自分の歴史のようなもの。美しい大木には趣のある年輪があるように、美しい顔には幸せの軌跡があるのかしらと。Theポジティブ思考!

これからも幸せを刻んでいけるように周りの人への感謝を忘れず丁寧に生きたいです。
40代、50代どんな自分に出会えるのか楽しみ!

そして美STを読むとね、もっと歳を重ねるのが楽しみになりますよ。なぜなら美しい美魔女の先輩方がいらっしゃるから!人生に刺激をくださる美STとの出会いに感謝ばかりです。新しいチャレンジが私の年輪をまた一つ重ねてくれているように感じています。今日もにっこり幸せを刻んでいきたいです。

みなさんも自分の好きなパーツを見つけてみてくださいね。最後までご一読ありがとうございました。


中川絵里菜

幸せなときはこんなお顔

ゆるりと生きたい
クラシックバレエ教師/教室経営
中川絵里菜
バレエ教室を経営しながら講師としても教えています。教室の可愛い生徒、ステップファミリーの思春期を迎えた息子と娘、朗らかな夫に幸せをもらう毎日に「ありがとう」を伝える気持ちを大切にしています。美ST誌面で自由に輝く40、50代の女性たちに心を奪われ、私も人の笑顔を引き出す存在になりたくて応募しました。
PICK UP
注目記事