「涙活?!」

笑ったり、泣いたり。

普段の私は、友人からもよく言われるのですが、笑ったり泣いたり忙しい人。
本当にその通りで。笑いのツボも、泣きのツボも広い。自分自身もたまに追いつかないくらいです(笑)最近は感動することが特に多くて、よく涙を流していました。そのことについて先日、美ST編集部の方とお話をしていたところ「涙活っていう言葉があるくらいだからいいことだよ! 」とおっしゃっていただき初めて知った涙活という言葉。

「涙活」とは意識的に泣くこと。泣く活動。その涙とは「情動の涙」で、喜怒哀楽に起因して流す涙のことを言います。感情により涙を流すということで、副交感神経を優位にさせてストレス発散にも繋がるらしい。ちょっとしたことも感動してしまい、涙腺が緩みやすいことを悩んでいたのですが、泣くことは心にも身体にも良いのだと分かり少しホッとしました。よく笑い、よく泣く。良いことかもしれません♡
子供達と。
泣き笑いもたくさん!可笑しくて、涙が止まらなくなることってありますよね(笑)
ピラティスインストラクター
郡司美穂
会社員を辞め母の闘病に寄り添う生活、死別後は3人の子育てに邁進と、目の前にあることに精一杯の20~30代。自分の体を労わる余裕がなく過ぎるなかで出会ったピラティスで体を立て直し、少し落ち着いて40代を迎えました。今後は美に関わる仕事を生かし前向きに美と健康を育て、楽しみながら歳を重ねる自分になりたいです。
PICK UP
注目記事