華のある暮らし

グリーン育ち

秋を感じるコスモスの花言葉は「乙女の真心」「謙虚」「調和」です。そんな美魔女になりたいと願う、バレエ愛美魔女の中川絵里菜です。
秋のお花はしっとり、はんなりとした趣のあるお花が多いような気がします。秋桜をはじめ菊・桔梗・水引など。実家は「植物園のようなお家」として新聞に取り上げられた事があるほど、植物に囲まれて育ちました。小さな頃はよくお庭でどろんこケーキを作ったり、蓮華で花輪のかんむりを作ったりして遊んでいました。旅行に行けば旅先の植物園へ行くのがお決まりのコース。当にグリーン育ち。今でもその名残で旅先では先ず植物園を調べてしまいます。緑はさりげなく日々に潤いをもたらし心を癒してくれますよね。今は関東で暮らしていますが子どもたちにも緑の素晴らしさを感じて育ってほしいと願いながら日々の生活に緑を飾るようにしています。
つい立ち寄りたくなる場所
植物園も大好きですが、お花屋さんも大好き!最近は駅の周辺におしゃれなお花屋さんがたくさん並んでいますね。表参道を歩けばモダンな雰囲気でお化粧をした花々が凛とした姿でお出迎えしてくれます。それを眺めながらふと目尻が緩むわけです。その中でも私のお気に入りは町のお花屋さん。所狭しと盛られた花々がぐっと元気なこちらのお店。ご主人に丁寧にお世話をされている子(花)たちなんだな~と感じます。いつも足を運ぶと心も華やかになる、そんな場所です。なんでも手塩にかけて育てることが大切ですね。美容も同じ。

舞台ではよく花束をいただきますが何回もらっても嬉しい!お花は心を華やかにしてくれる身近なアイテムです。是非みなさんも緑のある暮らしをしてみませんか?一輪ざしをテーブルに飾るだけで心も表情もぱっと華やかになりますよ。

ご一読ありがとうございました。

中川絵里菜
クラシックバレエ教師/教室経営
中川絵里菜
バレエ教室を経営しながら講師としても教えています。教室の可愛い生徒、ステップファミリーの思春期を迎えた息子と娘、朗らかな夫に幸せをもらう毎日に「ありがとう」を伝える気持ちを大切にしています。美ST誌面で自由に輝く40、50代の女性たちに心を奪われ、私も人の笑顔を引き出す存在になりたくて応募しました。