私だけのパワースポット

あ、いいな~を見つけよう

パワーを温存できる自分のお気に入りの場所、それがパワースポットなのでは!と考え始めた「バレエ愛美魔女」中川絵里菜です。先日お気に入りのカフェへ行きました。時間に急かされず、ゆったりと温かい飲み物をいただき、小腹が空いたら気になった生ハムとリコッタチーズのガレットを頼んで。特別な事は何も無いのです。でも「特別が何もないのんびり」こそ私にとってはパワーが温存できるひと時です。
よく食べるねって言われます
そのように考えると、皆さんのパワースポットも身の周りにたくさんあるのではないでしょうか。家族と団欒しながら美味しい食事を囲むダイニングテーブル、紅葉がきれいな小道、車窓から見えるススキのなびく景色。私たちは自分の大好きな人と、大好きな場所で生きる事にパワーをもらっているように感じます。
真面目な人ほど自分を二の次、三の次に考えている。頑張っている女性のみなさん!ふと時間をつくってあなただけのパワースポットにお出かけしてみるのも良いかもしれませんね。女性のにこやかな笑顔は周りの人に連鎖していくと思います。自分の心の宝箱の中にたくさんの私だけのパワースポットを詰め込んでおくと、大変な事も乗り越えられちゃうから不思議です。
チキンロースト「ちょっといい鮭」のモデル
そして自分だけのパワースポットが増えてきたら是非大切な人と共有してみてください。喜びが二人分になって返ってきますよ。二人分から三人分へ。どんどん幸せが広がっていくと良いですね。今日も新たなパワースポット発掘に胸を躍らせながらこの記事を書いています。ご一読ありがとうございました。

中川絵里菜
クラシックバレエ教師/教室経営
中川絵里菜
バレエ教室を経営しながら講師としても教えています。教室の可愛い生徒、ステップファミリーの思春期を迎えた息子と娘、朗らかな夫に幸せをもらう毎日に「ありがとう」を伝える気持ちを大切にしています。美ST誌面で自由に輝く40、50代の女性たちに心を奪われ、私も人の笑顔を引き出す存在になりたくて応募しました。