向き合う作業。

身体と心。不思議。

背骨ひとつひとつの動きに集中してみる。
呼吸に集中して心を落ち着かせる。
呼吸と共に身体を動かしてみる。
筋肉一つ一つに意識を向けて動かしてみる。

そんなことをしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

使っていない筋肉に話しかけるように意識を向けると、ここですね!と気づいてくれるような感覚とか。
何だか不思議なんです。

なかなか自分のトレーニングの時間が取りづらくなってしまいますが、たまに先生方に見ていただくとまた新たな発見があり、そしてその都度伸びしろを感じるのです。

伸びしろを感じることは大切。

その気づきが心も身体も前向きにさせてくれます。

進化はずっと続くと思うと、毎日身体を動かすことが楽しくなります♡
お腹の動きに集中。緩めて力を抜いて使う感覚。
ピラティスインストラクター
郡司美穂
会社員を辞め母の闘病に寄り添う生活、死別後は3人の子育てに邁進と、目の前にあることに精一杯の20~30代。自分の体を労わる余裕がなく過ぎるなかで出会ったピラティスで体を立て直し、少し落ち着いて40代を迎えました。今後は美に関わる仕事を生かし前向きに美と健康を育て、楽しみながら歳を重ねる自分になりたいです。
PICK UP
注目記事