体を温めて免疫力アップに期待できる食材【しょうがの活用法②】

この時期こそ温活!

【疲れが出やすい時期に大切な『温活』】
体を温めて免疫力をアップするために、いつもより多く生姜を摂るようにしています。

TEA TIMEにも活躍!

【乾燥させて粉砕したしょうがはお茶に加えて楽しみます】
前記事【しょうがの活用法①】でご紹介した乾燥しょうがは、粉砕して紅茶に入れたり調味料にしたり、そのままスープや料理に使ったり、疲れた体も喜ぶおすすめ食材です。

皮ごとスライス!皮にこそ“うま味”“栄養素!”

【しょうがはまとめてスライス】
生姜はそのままほっておくとカビが生えやすいこともあるので、まとめてスライス!はちみつや酢や粗糖などに漬けておくと保存性も高まり便利です。
【しょうがのはちみつ漬け、天然醸造酢漬け、ココナッツシュガー漬け】
【しょうがのはちみつ漬け】
綺麗に熱湯消毒したビンにスライスしょうがを加え、ショウガがかぶるくらいのはちみつを加えるだけ。
【スライスしょうがのココナッツシュガー付け】
保温水筒に熱湯やお茶と一緒に入れておくと、じっくり有効成分が抽出されて外出先の冷えた体も温まりますよ~♪
スライスしたしょうがは乾燥させて粉末にして活用したり、何かに漬けたり、目的により使い分けて活用してみてください!寒くなってきたこの時期におすすめの『しょうが情報』でした♡
▶SHOWROOM配信でもしょうがの活用法をご紹介しようと思っています。(10/23~10/31、11/8~12/1)

□生の生姜に含まれるジンゲロール…抗酸化効果、殺菌効果、手足を温めるなど期待できます
□乾燥生姜にすることで生じるショウガオール…血行を良くする、深部体温を上げる、抗酸化作用、代謝アップでダイエット美肌効果などが注目されています。
紹介制トータル美容サロン経営、1級フードアナリスト
谷口のぶえ
54歳ですっぴん肌がトレードマーク。素肌美には1にも2にも「食」「心の健康」! が信念です。湘南に開設して6年の「食と美のトータル美容サロン」は20代~80代まで幅広い年齢層の方、女優やモデルも通うサロンに。年齢に関わりなくノーファンデで頑張る姿勢、女性の希望となるようなメッセージを伝えたくて応募しました。
PICK UP
注目記事