橋本マナミさんの『乾いた肌』と『潤ってる肌』徹底比較!目指すは潤った吸い付くような【しとピタ肌】

急に寒くなって乾燥する11月。お肌のお手入れは高温多湿だった夏と同じというわけにはいきません。橋本マナミさんですら、乾燥した肌ではエイジングが目立ってしまうんです!ドライヤーを使って乾燥した過酷な環境においた肌と、徹底保湿した肌で見た目から触感まで比較検証しました。

乾いた肌/潤ってる肌ってこんなに違う!

乾いた肌                                        潤っている肌

どこまでもマット                                          ツヤがある

炎症起きがち                                               透明感もある

老けて見える                                               若く見える

シワが目立つ                                               シワが見えない

立体感がない                                               小顔に見える

生命力がない                                               イキイキ&ハッピー感♡

乾燥した過酷な環境/徹底保湿で検証!

乾いた肌は顔面にドライヤーを当てて、潤った肌は水分も油分も丁寧に入れ込みました。

乾いた肌は▶︎▶︎触ると?くっつかない。ティッシュもスルー

くすみや小ジワ、毛穴の開きなど、あらゆるエイジングサインを目立たせてしまうのが「乾燥」です。乾いているだけで見た目年齢プラス7歳と心得ておきましょう。乾燥でバリア機能が低下して炎症が起これば、見た目だけでなく肌老化が進行することもお忘れなく!

潤ってる肌は▶︎▶︎触ると?ムギュッと音がするくらい!ティッシュも吸いつく

乾いた肌と同じ日のマナミさん。保湿しただけで肌が手のひらにもっちりと吸い付き、光を受けてツヤツヤと輝く「しとピタ感触のモチつや肌」に大激変。特別なケアをしなくても、理想の肌は丁寧な保湿で実現。若い肌の鍵、エイジングケアの大前提は保湿にあり!

結論!私たちの目標はこんなモチつや『しとピタ肌』

美肌の根源は保湿から!11月は急に乾く季節だから、今すぐ潤い強化をして自力潤い肌を目指しましょう。

こちらの記事もおすすめ!



2021年『美ST』12月号掲載
撮影/谷口 巧(Pygmy Company)<人物> モデル/橋本マナミ ヘア・メーク/川村友子 取材/吉田瑞穂 編集/矢實佑理