「ごはんだよ〜!」

幸せはすぐそこに

炊飯器より土鍋派「バレエ愛美魔女」こと中川絵里菜です。
我が家には育ち盛りの長男と長女がいます。中学校から下校するなり第一声「お腹すいた!」と言う日もしばしば。そんな時も重宝するのが土鍋!10分でパパッと炊きたてほかほかの銀シャリが完成。ツヤツヤの白米に美味しいお海苔と梅干しがあればついにっこり。おこげのデザートまで付いてくるご馳走ですよね。
3年目の3合炊きさん
夏から始めたSHOWROOM配信ではお昼にキッチンからお料理配信をしています。夕方からバレエ教室の仕事なのでお昼のうちに毎晩の仕込みをします。家庭料理ばかりですが、ほっと一息つけるのは温かい家庭料理だったりしますよね。私のレシピは【はやい・美味しい・元気になる】三拍子。少しでも忙しい女性の皆さんのお役立ち情報になるといいなと思いながら日々配信しています。
この日は冷蔵庫に丸々と太った人参があったので油揚げと鰹出汁、みりん、お塩、人参の千切りで炊き込みごはんを作りました。炊き上げる前に小匙1ごま油を加えるのがポイントです。ふっくら炊きあがりますよ。
人参の甘い香り
「ごはんだよ〜!」の声に集まってくる子どもたち。ほかほか立ち上る湯気。美味しそうなおこげの香り。幸せはすぐそこにたくさんあるものですね。
最後までご一読ありがとうございました。

中川絵里菜
土鍋は時短の味方
クラシックバレエ教師/教室経営
中川絵里菜
バレエ教室を経営しながら講師としても教えています。教室の可愛い生徒、ステップファミリーの思春期を迎えた息子と娘、朗らかな夫に幸せをもらう毎日に「ありがとう」を伝える気持ちを大切にしています。美ST誌面で自由に輝く40、50代の女性たちに心を奪われ、私も人の笑顔を引き出す存在になりたくて応募しました。
PICK UP
注目記事