【セルフネイル派の新常識】メークで遊べない分、ネイルでセンスアップ!

セルフネイルがすっかり定着し、自分でできるネイルのクオリティがどんどん上がってきています。年末のトレンドはダークカラーもしくは手持ちのネイルの上に重ねてラメ感を楽しむ2パターン。ナチュラルメーク×ネイルのオシャレ感、ぜひ試してみてください。

メークで遊べない分、ネイルでセンスアップ

お友達を待つ間、ちょっと一杯が最高の夕暮れ。インパクトある濃厚なボルドーがベージュワンカラーのコーディネートに映えます。ニット¥36,300、肩にかけたモヘアニット¥49,500(ともにリビアナコンティ/グルッポタナカ)
深いボルドーはパーティにも、カジュアルにも合う。左から:ヴェルニ ディオリフィック 992、ヴェルニ ディオリフィック グリッター トップコート 001 各¥3,520(ともにパルファン・クリスチャン・ディオール)※数量限定

爪にやさしい自然派や本格キットも続々登場、サロンクオリティが実現

瞑想がテーマ。どちらも透明感と微細なラメが特徴。締め付け感ないつけ心地。左から:uka Kirakira study 2/kira、1/kira 各¥2,420(uka Tokyo head office)
ピンクの濃淡やラメが楽しめる。左から:アディクション ザ ネイルポリッシュ〝エターナル イン ピンク〟123C、121P 各¥1,980(アディクション ビューティ)
爪を健康にするアマニ油を配合。SHIROらしい絶妙なオシャレカラーが揃う。左から:亜麻ネイル 1I05、1I02 各¥2,640※エシカル割(箱なし)¥2,561(SHIRO)
ホワイトをベースに、トップコートをランダムに重ねるとマーブル柄に。ネイルズ インク マーベル アット ザ マーブル ネイルポリッシュ デュオ キット 2色で¥3,905(NAILS INC/TAT Inc.)
天然由来成分で作られたジェルネイルキット。グリーンフラッシュ スターターキット ¥19,250※カラーはポピーレッドまたはヌードか らチョイス(マニキュリスト/バル)

こちらの記事もおすすめ!



2022年『美ST』1月号掲載
撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK)<人物>、大槻誠一<静物> モデル/加藤ローサ メーク/yUKI for Loopblue inc .(M0) ヘア/Dai Michishita(Sun and Soil) ネイル/中島理恵(uka Tokyo head office) スタイリスト/間山雄紀(M0) 取材/中田ゆき 編集/佐久間朋子