理想の鎖骨を手に入れるために欠かせないこと

こんにちは。2021美魔女コンテストファイナリスト「タオルストレッチ美魔女」の白金(しろかね)ナミです。

ニットやコートが手放せない季節に入ってまいりましたね。大部分の肌を覆う冬だからこそ、襟ぐりからきれいな鎖骨が見えていたら目を引くものです。

試しに腕をあげてみましょう

鎖骨を片手でぐっと抑えて、もう片方の腕をあげてみましょう。上がらなかったのではないでしょうか。
ということは、鎖骨は肩や腕の筋肉と繋がっているということです。
鎖骨が手で抑えたときのようにガチガチになっていると肩や肩甲骨周りがパンパンになて腕が上がりにくくなり、また逆に肩こりをほっておくとどんどん鎖骨も動かなくなります。

また鎖骨は胸の筋肉とも繋がっていて、鎖骨や胸が硬いと老廃物もたまりやすくなるので、お肌も綺麗に保てなくなってきますよ。胸の位置も下がりやすくなるでしょう。

日々の姿勢が鎖骨に表れる

スムーズな動きあっての美肌ですし、硬いと鎖骨の角度が変わったり、肉の中に鎖骨が埋もれてしまい、《鎖骨が見当たらない!》となりかねませんので、前にご紹介したタオルストレッチなどで鎖骨や肩まわりはしっかり柔らかくしておきましょうね。綺麗な鎖骨は必須です!

そして硬くなってしまう要因のほとんどは《姿勢の崩れ》ですので、美しい姿勢を心がけていきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。
ボディケア指導者、美姿勢ウォーキングメソッド考案指導者
白金ナミ
元ショーダンサー。35歳の頃、怪我の後遺症や子どもの看病生活により下半身を痛め、歩けなくなりました。それを機に武道をベースにした整体法や身体の使い方を徹底的に学び、ダンス経験も生かしたオリジナルの美姿勢メソッドを考案。健康美はセルフケアによって手に入ることを広めたい思いから、美魔女に応募しました。
PICK UP
注目記事