40代のしぼんだ唇がふっくら復活!指名買い【プランプリップ】7本

ディオールのリップマキシマイザーをはじめ、各ブランドからプランプリップがたくさん出ています。40代になり唇がしぼんでくると一気に老けた印象に。トレンドのプランプリップを使ったり、正しいメーク方法を身につけて、主張しすぎないふっくら唇を目指しましょう!

しぼみが気になってくる40代の唇をプランプリップが救ってくれます

40代だからといって赤みが必要なわけではない!ヌーディな色味を選べば、素の唇がふっくら印象に。

使ったのはコレ

繊細に輝くホロピンク。ディオール アディクト リップマキシマイザー010 ¥3,600(パルファン・クリスチャン・ディオール)
透けるようなツヤ感で、内側からふっくらしているかのように自然にボリュームアップ。弾力がありながらも柔らかそうな唇に!

これから買うなら透ける色番のこのカラーを指名買い!

塗るだけで唇がふっくら。左から、透けるようなホワイトピンク。ローズ・パーフェクトNo.201 ¥4,200(パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ])、落ち着いたモーヴ。ミネラルリッププランパー モーヴピンク ¥2,800(エトヴォス)、冷温テクスチャーの乳白色。ラプソリュ グロス ロージー プランプ ¥3,600(ランコム)、ツヤのあるヌードピンク。リップアディクト208 ¥6,000(CHARIS&Co.)、ラメ配合のペール系。ラシャスリップス326 ¥7,500(PRSS.Japan)、濡れたようなツヤのヌーディローズ。ヴォリュプテ プランプインカラーNo.1 ¥4,300(イヴ・サンローラン・ボーテ)

透け感のあるリップならふっくら唇がより今っぽく

今っぽい唇に仕上げるには、膜感のない、唇が透けるようなリップを選び、素の唇がふっくらしているかのように見せるのがポイントです。透け感のあるリップを中央から塗るとグラデーション効果でよい立体感が出ます。また、輪郭はリップブラシを使って丁寧に描きましょう。なぜなら、ここが歪んでいるとだらしなく見えてしまうんです。唇は顔の中で唯一露出している粘膜で、色っぽくも知的にも印象が変わる重要パーツ。ささっと済ませてしまいがちなリップメークですが、丁寧にすることで、見違えるほど美しいふっくら唇が手に入ります。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 犬木 愛さん

プランプリップを塗るときはグロスでもリップブラシを使って

まず唇の真ん中に色をのせます
強調させたい唇の真ん中を先に塗るのがポイント。真ん中の色が濃くなり、グラデ効果で立体的に、ふっくらと見えます。
リップブラシで輪郭を描きます
リップブラシにリップをとり、唇の輪郭を描きます。輪郭がぼやけていたり、歪んでいるとだらしない印象になるので丁寧に。
口角のラインを整えます
口角はリップが溜まりやすいので塗りすぎに注意を。口角から中央へリップブラシの角を輪郭に沿わせるようにしてラインを整えます。
唇の山を丁寧に描いてふっくら感UP
リップブラシで唇の山をしっかり描きます。上唇がしぼんでしまっている人は、自分の唇よりも少しだけオーバーめに描きましょう。
2019年『美ST』6月号掲載
撮影/三宮幹史(人物)、大槻誠一(静物) モデル/橋本マナミ ヘア・メーク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/菊地ゆか 取材/伊藤恵美  編集/佐久間朋子