PROMOTION
白い肌も素敵。
でも、私が目指したいのは
健康的な透明肌
生花を扱う仕事をしている福川さん。夏が近づきましたが、毎日の紫外線対策、どうしているのでしょう。「太陽の下で葉っぱを思いっきり広げ、イキイキと咲いている花を見ると、真っ白な肌よりも健康的な透明肌が自分には合っていると思うんです」とのこと。「肌を見せるワンピースなどの夏らしいファッションも楽しみたいし、あまり過剰な防御はしないで日々の丁寧なスキンケアでシミを防いで、ハリがあるツヤ肌を目指しています」と眩しい笑顔を見せてくれました。
福川明子さん(45歳)
フラワーアーティスト/TEAM美魔女
【上】ワンピース¥32,000(ヨーロピアン カルチャー/ストックマン)
【左】ブラウス、パンツ、バッグ、ピアス(すべて私物)
【下】ワンピース¥27,000(ヨーロピアン カルチャー/ストックマン)
20年前の美容トレンドは圧倒的に白肌至上主義。「いかに肌が白いか」ということが大切でしたが、今回のアンケートで「肌の色そのものよりも幸せな生活や心の充実を感じさせる肌のツヤや血色感」こそが求められていることを改めて実感しました。とはいえ、毎日の丁寧な生活習慣から生まれるシミやくすみのない肌は今も昔も変わらず憧れ。40代になっても美しさをキープしているTEAM美魔女の76人に、理想の肌やそのために必要なケアをお答えいただきました。
※2020年5月 チーム美魔女76人のアンケート調査実施
「美魔女」という言葉から白肌にかなりこだわっているイメージですが、実は圧倒的にツヤや透明感を重視しています。体の内側からも外側からも健康を感じさせる女性は、女性から見ても魅力的です。
イキイキとした健康的な肌が
一番若々しく見えます!

息子が自慢に思ってくれるような若々しい母でいたいという思いで美容を頑張っています。目の近くに目立つシミがありますがコンシーラーで軽くカバーする程度、肌ツヤのいいイキイキとした表情を保つよう心がけています。
上田美穂さん(42歳) 会社員/TEAM美魔女
美魔女といえども、40代になると肌の悩みは増えていきます。頑張った分だけ自分の肌に自信を持っている人も、現状に満足せず高い理想に向かって努力を続けている人も、それぞれの人が悩みを美容を頑張るモチベーションに変えて、美を磨いています。
頑張った分だけ
肌が応えてくれる気がします

日焼けしやすい肌なのですが、美白コスメはもちろん、飲む日焼け止め、炎症を鎮める入浴剤、ビタミンCなどで、シミのない肌をキープしています。私の努力に肌が応えてくれている気がします。
深山純青さん(47歳)会社員/TEAM美魔女
更年期以降の美肌ケアに
シフト中です

更年期に入ってからはシミの色が濃くなりくすんできました。肌循環が悪くなってきたことも実感。生活リズムを整えたり、上質な睡眠をとったり、表情豊かに過ごすことを心がけ、顔の印象を明るくするように努力しています。
原田芳子さん(51歳) 会社員/TEAM美魔女
エイジングサインは数あれど、シミやくすみといった色の変化が上位にランクイン。一方で、シワは毛穴よりも回答数が少なかったことが印象的。笑いジワに代表されるように、表情が豊かに見えるなら多少のシワは「あっていいもの」なのかも。
家の中でも侮れないUVA対策をきちんとしているのは美白に関する意識の高さゆえ。さらに、家にいると鏡を見る機会が多かったり、リモートワークで自分の顔が映ったりと、自分の顔と向き合う時間が長くなり、今まで気にならなかったシミやくすみを発見することも。おうちにいるからこそじっくりスキンケアできるチャンスでもあります。
血色がよく、肌が潤っていること。肌が薄くて光って見えるのではなく、肌そのものがしっかりしていて、バリア機能がある肌が大事! 私は肌が薄いので、日々の保湿やUV対策に加え、美白化粧品を使うなどパンチのあるケアも挟むようにしています。
鈴木久美子さん(43歳) 主婦/TEAM美魔女
潤いがあってツルっとした印象があること。ターンオーバーを促すことでみずみずしい肌になると思います。肌の内側からのハリと潤いがあれば、薄化粧で外出できてさらに透明感のある印象に。
河野里沙さん(41歳) 主婦/TEAM美魔女
ふっくらとしたハリと艶。それだけで格段に明るい肌に見えます。シミやくすみのケアはもちろん、睡眠時間の確保、ビタミンCを摂ることで、肌全体が底上げされる気がします。よく眠った後は写真写りも格段にいいですね。
玉川美帆さん(49歳) 会社員/TEAM美魔女
プラセンタエキスなどの美白有効成分が配合された、シリーズ累計販売数1,300万個以上の販売実績を誇る大ヒット商品。潤い、ハリ、美白とすべてを1つでケアができると美魔女にもファンが多数です。マッサージにぴったりの少し固めのテクスチャーが肌へ浸透し、肌はふっくらモチモチに。まずは朝晩3ヵ月続ければ人気の秘訣がわかるはず!薬用ホワイトニングリフトケアジェル[医薬部外品] 60g ¥4,743(メビウス製薬)
美白だけじゃなくシワやたるみ、毛穴まで……、年を重ねるにつれて「使ったほうがいい」化粧品が多くなってしまうのも悩みの一つ。その中でも「美白コスメ」の優先順位は高いよう。肌を白くするというよりも、「肌全体のトーンが上がって美肌の印象になる」から欠かせないみたい。
1万円以下で
賢く美白ケアする美魔女が
最大派閥
お金に余裕がなければ美しくいられないなんてことはありません。美魔女といっても大半の人は、日々の丁寧なケアや健康的な食事を重視しています。大切なのは金額じゃなくて、効果的なコスメを見極める目と毎日の努力。
クリニックでのシミ治療の効果は確実ですが、そのドクターたちも「日々のケアは大事」と口を揃えます。シミを作らないこと、シミを濃くしないことは非常に大事。シミ治療は時間も費用もかかるうえ、長期間通わなければいけないことも。
全身を覆い尽くしたスタイル
日焼け対策として肌をすべて覆い隠してしまうのにはもったいなさを感じます。きちんとケアした綺麗な肌だから、夏らしい格好でもっと見せてもいいのでは?
佐藤香奈子さん(45歳) フラスタジオ経営/TEAM美魔女
日焼けを気にして
旅行やアウトドアを我慢

自然や旅行を愛する私にとって、素晴らしい景色や経験を日焼けを怖れるあまり制限してしまうことは、人生の喜びやパワーを充電する機会を失うこと。紫外線とうまく付き合い、「楽しむ」ことを優先したい。
前田文香さん(48歳) モデル/TEAM美魔女
ファンデの厚塗り
必要以上に肌をガードして厚塗りしていると本来の肌が見えず、個性も消えてしまうからもったいない。厚塗りするとメークも崩れやすくなるので特に夏はハラハラしてしまいます。
朴 明子さん(49歳) 看護師/TEAM美魔女
透明肌のよさは潑剌とした若々しさ。肌からその人自身のハッピー感が伝わります。美肌だからメークも薄く仕上げることができて、表情もイキイキ。若作りの必要がない自然な美しさは一緒にいる人をハッピーにします。
肌をほめられて一番うれしいのは同性の友人から。異性や子供からほめられるのももちろんとてもうれしいものですが、40代以降で美肌をキープするには高い美意識と努力が必要。それを理解している同性からの言葉は今後も頑張ろうというモチベーションにもなります。
三浦いづみさん(43歳) フルート奏者
2020年は母親になって20年の節目の年。「一歩踏み出して新たなチャレンジをしたい!」「若々しく楽しく過ごす姿を子供たちに見せたい!」と思い応募しました。フルート奏者として活動する傍ら、ボランティアコーディネーターやワインパーティ運営マネージャーの活動も。
シャツ¥20,000(yori)
●透明肌の秘訣:とにかく保湿
●趣味・特技:フルート演奏、ワイン飲み比べ、筋トレ
●自慢のパーツ:鼻
●インスタグラムアカウント:@izumi.831
久郷友紀子さん(44歳) アクセサリーデザイナー
昔から筋トレやダイエット、スキンケアや美容医療、ヘアケアなど自分自身で体験することが好き。特に肌に関してはほめていただくことが多いので、シミウス美魔女に挑戦しました。肌が綺麗だと自分に自信が持てて前向きになり笑顔も増えます。多くの女性が綺麗になって自信を持てるよう発信していきたいです。
すべて私物
●透明肌の秘訣:保湿と日焼け止め
●趣味・特技:アクセサリー製作
●自慢のパーツ:耳
●インスタグラムアカウント:@magentak_kugoyuki
友澤あみさん(45歳) 会社員
乾燥肌で赤みが出やすい肌ですが、シミウスを使ってみたら症状が改善。引き続き使いたいと思っていた時に今回の企画を発見。シミウスジェルを使用してのマッサージを続けると、くすみが取れて肌がワントーン明るくなったことに驚きました。肌の調子がいいと気持ちも上向きになり、肌はメンタルも左右することを実感しました。
ニット¥20,000(ソブ/フィルム)ピアス¥18,000(Jouete)
●透明肌の秘訣:マッサージと毎朝のスムージー
●趣味・特技:腸活
●自慢のパーツ:シワが少ないと言われるおでこ
●インスタグラムアカウント:@amimi_nstagram
田中智代さん(44歳) 会社受付
美容が大好きな小学生男子のママです。特に美白ケアは他の肌悩みに比べて効果が見えやすいので長年続けており、シミウスは時短でシンプルなお手入れで美白を叶えてくれるため、忙しい私たちの世代にちょうどいいコスメだと思っています。
カットソー¥15,000イヤリング¥5,000(ともにダブルスタンダードクロージング/フィルム)
●透明肌の秘訣:週2回のローションパック
●趣味・特技:料理全般
●自慢のパーツ:まつ毛
●インスタグラムアカウント:@to_mysweets
北里麻美さん(44歳) インスタグラマー
主婦業と販売のお仕事をしながらインスタグラマーとしても活動している13歳の女の子ママです。美容は以前から興味があり化粧品検定2級を取得したり、仕事にしていたこともあります。今回は「自分に自信を持ちたい!」と思い応募いたしました。
ブラウス¥20,000(yori)ピアス¥10,000(Jouete)
●透明肌の秘訣:一年中日焼け対策
●趣味・特技:メークをすること
●自慢のパーツ:ふっくらした頬
●インスタグラムアカウント:@kitaami_0905
お問合わせ先/メビウス製薬(シミウス)
0120-432-010
https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

撮影/浜村菜月(LOVABLE)〈人物〉、Youjin Lee(aosora)〈静物〉 ヘア・メーク/Sai スタイリスト/柿田たみか、竹下佳寿子(シミウス美魔女分) 取材/中田ゆき

[SHOP LIST]
ストックマン
03-3796-6851
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-30-1

Jouete
0120-10-6616
大阪府大阪市中央区博労町2-2-13 大阪堺筋ビル2F

フィルム
03-5413-4141
東京都港区北青山2-11-3 A-PLACE B1F

yori
03-3405-5545
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-27-1神宮外苑ビル8F