FEMTECH

2人目妊活に疲れたセックスレス夫婦の末路「作業でしかなくなった性交渉にうんざり…」

日本では半数以上の夫婦が陥っているといわれるセックスレス。メディアやネット上には「セックスレスの悩み」を抱えた男女の声が溢れていますが、35歳の古賀里花さん(仮名)は「セックスレスだった穏やかな日々が懐かしい」と、逆のお悩みを抱えています。

■「1人娘を育てるセックスレス夫婦」の頃は幸せだった

里花さんは35歳で、幼稚園教諭と保育士の資格を持つ学童指導員。保育士として保育園で働いていた27歳の頃、2歳年上で鉄道会社勤務の和夫さん(仮名)と結婚相談所を通じて知り合い、半年でゴールインしました。

和夫さんは、いわゆる「鉄オタ」で、カメラと山登りが好きな穏やかな性格。国立大学のワンダーフォーゲル部出身の彼は、山やハイキングコースを走るトレイルランニングにはまっており、見た目こそ体育会系ですが物静かで優しい男性です。
結婚当初は、和夫さんのきっちりしすぎる性格や細かいこだわりに不満を持ったり、彼が暇さえあれば山に行ってしまうためにすれ違いでケンカもしましたが、29歳で長女の紬ちゃん(仮名)が生まれたことで絆が強くなりました。
おおざっぱな里花さんに変わり、繊細で洗濯物のたたみ方へのこだわりが強い和夫さんが洗濯とアイロンを担当することで、ケンカの種も解消。紬ちゃんのために一軒家が欲しいと実家のそばの郊外に引っ越し、トレイルランはあきらめてもらって近所の里山を2人で走ることで、夫婦の時間も増えました。神経質と思っていた夫の性格ですが、子供の哺乳瓶やおもちゃを丁寧に消毒してくれることには感謝もしていました。

産後数年はおたがい慣れない子育てで多忙になりセックスレスではありましたが、ホルモンバランスの変化もあってか里花さんに不満はありませんでした。里花さん自身が穏やかな生活を望んで草食系の和夫さんを選んだこともあり、きょうだいのような関係に満足していました。

■まだまだ高い高度不妊治療の費用と、重くのしかかる住宅ローン

「性欲を感じたらお互いセルフプレジャーで解消すればいい。浮気している様子もないし、子供はかわいいし」とレスであることを自然な流れと受け止めていた里花さん。しかしアラフォーが近づくにつれ、妊娠のタイムリミットを強く意識し始めました。
紬ちゃんにきょうだいを作ってあげたい。自身に姉がいるのでできれば妹を、でも授かりものだから男の子でもかまわない。そう思い立った里花さんは、和夫さんと話し合って妊活専門クリニックの門を叩き、人工授精に挑戦します。

精子を採取して医師が子宮内へ直接注入する人工授精に3回失敗した後に、体外受精や顕微授精へのステップアップを検討しましたが、保険・助成金を使っても高額の費用がネックとなります。
職場の人間関係に疲れた里花さんが、公務員の保育士からパートタイムの学童指導員に転職したことでも減収となり、一軒家のローン、さらに紬ちゃんの将来の進学費用が頭をよぎりました。夫婦で話し合った末に「タイミング法」を試みることになりました。

■義務でしかない性交渉に次第に疲労の色が出てきて

タイミング法とは、基礎体温をつけることで排卵日の予測をして最も妊娠しやすいタイミング周辺の時期に性交渉をすることです。
40歳まではこの方法で妊活を行い、それで妊娠しなければ「ご縁がなかった」と諦めて紬ちゃんの子育てに集中することにした里花さん夫妻。その時から、毎月2回から3回ほど性交渉をする日々が始まりました。
35歳の里花さんの体感としては、「性欲は体調によってある時もあるし、ない時もある。でも『ある時』ですら20代の頃と比べるとはるかに弱まっている」そう。さらに「同じ年代の夫も大差がないのではないだろうか」とも予測しています。

妊娠を意識した性交渉はプレッシャーもあり、俗に言う「性交渉の途中で萎えてしまう」という現象は、男性側だけの問題ではないことにも気が付きました。里花さん側が気分がのらず分泌液が出ないことで、うまく挿入できずにその間に夫側が萎えてしまったことも一度や二度ではありません。
目の前で使うと余計に気分が下がるだろうと、こっそり事前にトイレでジェルで潤しておくなど工夫をしていますが、今となっては作業でしかない性交渉に、お互い口に出さないながら辟易としていることをひしひしと感じます。

■それでも40歳まではあきらめきれない第二子

「我が家に限って言えば、子供ができないとわかっていれば、もしくは子供を産み終わっていれば、中年以降はセックスレスの方が絶対にうまくいく」と切実な表情で語る里花さん。性交渉をすることでケンカをするわけではありませんが、お互い子育てや仕事で疲れ、さらに妊活も首尾よく運ばず、目的を達成できなかった時には不機嫌な時間が増えます。

里花さん自身は、性欲は自力で解消すればいい肩こりのようなものと考えていますし、真面目で信頼できる和夫さんがもしも性欲を持て余すことがあるとするならば、AVや風俗を利用することには目をつぶる覚悟もあります。
しかし、身の回りに40代前半で妊娠した知人もおり、40歳を超えるまであと5年間は「月に2日の義務」を可能性として捨てきることはできないといいます。
最近では、「子供を産み終わり、セックスはそういうムードになればしてもいいけれど基本的にはセックスレス」という状況になることを夢見ながら、タイムリミットを決めて妊活に取り組んでいるそうです。

取材・文/星子 編集/根橋明日美

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

2人目妊活に疲れたセックスレス夫婦の末路「作業でしかなくなった性交渉にうんざり…」

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと