MAKE UP

ヘアメーク岡野瑞恵さんの薄細眉さん救済!【今どき立体眉になれる】眉毛の太らせテクニック

メークをするうえで「うまくいかない」「苦手」と毎回たくさんの声が上がるのが、〝眉の描き方〟。眉の名手と言われる岡野さんに、細くて薄い眉毛を立体的に太らせるテクニックを教えてもらいました。

眉毛自体も細く弱々しい薄細眉にはパウダーで全体を描き、リキッドペンで1本ずつ書き足します

何より、表情が柔らかく、明るく見えるのが気に入っています。自分で描いた眉は、求心的で表情が険しく見えていました。また、パウダーだけでなく、リキッドライナーを使うのも新鮮でした!

\元はこうでした

もともと細いうえ、若い頃に抜いてしまい全体的に細眉。流行の太眉にしようと一生懸命パウダーを使って描いていますが、なんだか顔から浮いている気も。

解決法▶︎▶︎この部分を太らせて毛を足す

眉頭から中央までは、結構眉が濃いめ。全体を抜いてしまった眉の中央から眉尻までを、同じ太さに太らせます。パウダーで塗り込むだけでなく、ペンシル、リキッドで毛を補って。

1:パウダーでざっくりと形を取る

眉中央から眉尻まで、パウダーで太く描き、ムラを埋める。

アイブロースタイリング 3D 60 ¥2,500(ケース込み・編集部調べ)(マキアージュ/資生堂)

2:細身のペンシルで毛のタッチを描く

薄い部分や、太さの足りない部分をペンシルで補強。全体のムラをなくす。

アイブロウ スリム GY15 ¥3,800(セット価格)(エレガンス コスメティックス)

3:リキッドライナーでリアルな毛並みを描く

パウダーやペンシルで埋めても毛の密度を感じない部分に、1本1本リキッドで描く。

フレーミング アイブロウ リキッドペン 02 ¥3,000(SUQQU)

毛並みに沿って描くのがコツです

個々の魅力を引き出しながら、上品かつトレンド感のある絶妙なメークで、多くの女優やモデルから圧倒的な支持を得る。常に現場を楽しく盛り上げる、温かい人柄も魅力。

2020年『美ST』4月号掲載
撮影/当瀬麻衣〈TRIVAL〉(人物)、 大槻誠一(静物) ヘア・メーク/岡野瑞恵〈STORM〉 取材/吉田瑞穂 編集/小澤博子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

ヘアメーク岡野瑞恵さんの薄細眉さん救済!【今どき立体眉になれる】眉毛の太らせテクニック

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと