MAKE UP

永遠の可愛い研究家【君島十和子さん】の最新メークテクニック

「立ち止まらない!振り返らない!」を美のセオリーにしている美容家君島十和子さん。年齢不詳の美しさと可愛さを作る秘訣を、ご本人愛用のコスメと共に教えていただきました。

昨日をキープしているだけではダメ!永遠の可愛い研究家は常に前向き

美容に限らず自分が一番輝いていた時代を引きずりがちですが、キレイの基準は時代と共に変化していくもの。常に前を向き新しい情報、目標をもちたいです。ON状態へのスイッチ的役割をしてくれるヘアメークも同じ。同じメークに執着せず、今の自分を客観視し、適度に流行を取り入れ更新しています。私の年齢になると昨日より今日と駆け上がっていかないと現状維持が難しい。立ち止まらず日々少しずつ昨日よりいい状態の自分でいることが大事だと思います。

《Profile》
モデル、女優として活躍後、自身のビューティブランドFTCを立ち上げクリエイティブディレクターに。常に前進する美しさで、憧れの存在としてメディアで活躍中。

1:眉頭のくぼみのみノーズシャドウONで、端正な顔立ちに

「ノーズシャドウは鼻筋全体ではなく、眉頭のくぼみにのみ入れます。自然にきゅっと顔が締まって見え、マスクから出る顔の上半分の印象が、端正に見えます。

左から2番目の色を使用」ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト¥4,620(カネボウ化粧品)

2:こめかみカバー、眉の角度、まつ毛のカールアップでフレッシュに

「年齢とともに肉が落ちこめかみ部分に凹凸ができたり血管が透けていると老けて見えるので、自分に合う色が作れるコスメデコルテのコンシーラーとナチュラルでカバー力のあるアルビオンのパウダリーファンデでしっかりカバー。またまつ毛はFTCのマスカラで、長さよりも根元からカールアップを意識。眉は、角度を更新。私達の年代は平行眉だとリフトダウンして見えるので、目尻側だけ少しカーブをつけてあげると、顔が締まりフレッシュに見えます」

左から、コスメデコルテ トーンパーフェクティング パレット 01 ¥4,950(コスメデコルテ)アルビオン プリンプ パウダレスト SPF12・PA++ ¥5,500(ケース込み)(アルビオン)、FTC ザ・トワコイズム マスカラ カール パーフェクション ¥4,950(FTC)、ジルスチュアート エアリーステイ ブロウライナー 05 ¥2,420(ジルスチュアート ビューティ)

3:下まぶたの幅広シャドウで顔の面長現象を払拭!

「顔が長くなったかもと感じる最近。上まぶたに肌がフラットに見えるクリームシャドウをのせた後、下まぶた約7mm幅でディオールのアイシャドウをオン」

左・ヴィセ リシェ センシュアルスリーク アイズ BE-3 (編集部調べ) ¥1,100(コーセー)右・「右上の色を使用」サンク クルール クチュール〈アトリエ オブ ドリームズ〉 739ハウス オブ ドリームズ ※数量限定。売り切れの場合もあり。¥8,580(パルファン・クリスチャン・ディオール)

4:部分的なツヤ感で、さり気なく品のいい発光肌に

左から、「Cライン、鼻先、あご先、リップの上のラインと部分的に」ディオールスキン フォーエヴァー クチュール ルミナイザー 01、「チーク代わりに」同 06 各¥6,380(パルファン・クリスチャン・ディオール)、「鼻の付け根や、こめかみにのせると透明感が」FTC FFマイクロスムースパウダー クリスタリュクス ¥6,270(FTC)

こちらの記事もおすすめ

2022年『美ST』2月号掲載
撮影/浜村菜月(LOVABLE)〈人物〉、大槻誠一〈静物〉 ヘア・メーク/黒田啓蔵(Iris) スタイリスト/江島モモ 取材/味澤彩子 編集/伊達敦子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

永遠の可愛い研究家【君島十和子さん】の最新メークテクニック

2024年7月号

2024年5月16日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT