PEOPLE

俳優・大沢たかおさん「一度は引退も視野に。50代以降輝くためには、40代の生き方が大切と痛感しました」

映画『キングダム』では若者から美ST世代まで圧倒的な注目を浴び、日本を代表する俳優として私たちを惹きつけてやまない、大沢たかおさん。そのダンディな雰囲気からクールで無口と思いきや、忖度なしの本音トークがさらに魅力的。意外な美容話から秋ドラマへの意気込みまで素直に語ってくださいました。

年齢は気にしない方がいい。40代でも10代とは違う青春が待っているから

お話を伺ったのは……俳優 大沢たかおさん

《Profile》
東京都出身。1994年ドラマ「君といた夏」で俳優デビュー。その後、数々のドラマや映画、舞台に出演し映画『地下鉄(メトロ)に乗って』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。近年の主な出演作に、映画『AI崩壊』『キングダム』シリーズなどがあるほか、現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」では二宮和也さん、中谷美紀さんとともに主演を務める。

肌が丈夫で肌トラブルがないせいで、石鹼で顔も洗ったことがなかった。
「でも撮影がデジタルになり、モニターで毛穴まで見えたときに衝撃を受けたんですよ。カメラの精度は上がるわ、シワも出始めるわで、40代半ばからスキンケアをはじめました」。その都度Amazonでレビューの高い商品を使っているが、「正直面倒臭い。唯一積極的にやるのは韓国土産のシートパック。気持ちよくて、いただくと絶対に使います(笑)」。

逆に運動は週5で体を動かす。ジムは筋トレ用と瞬発力を養うアジリティ用の2カ所、ピラティスも通う。「筋肉に刺激を与えると血流とホルモンのバランスが整います。体が疲れる方が体調が整い、よく眠れますね。でも最近は毎朝5時に起きています」。

と言うのも月9ドラマ「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」の撮影中で、興奮して自然に目が覚めるとか。二宮和也さん、中谷美紀さんとのトリプル主演で三者三様のクリスマスイブの1日を同時進行で描く今までにない挑戦的なドラマだ。「脚本もセットも役者さんも完璧。今日のシーンをどう演じるか、絶対に迷惑をかけられないから、寝ていられない。でもそう思わせてくれるドラマに出会えて、本当に嬉しいです」。

ドラマでは頑固なシェフを演じている。「普段は料理をしないので知り合いの洋食屋さんに弟子入りをお願いしたのですが、2件とも断られまして。それで自宅でみじん切りの練習をしています」。

同時期に映画『沈黙の艦隊』が公開、『キングダム 運命の炎』での将軍・王騎役も話題になった。しかし、今に至るまで順風満帆だったわけではないと言う。
「40歳で「JIN-仁-」を夢中に演じ、その勢いとノリでやりすぎて、人生と時間を乱暴に使ってしまったと反省。今思うと慢心もあったのかな。実は20代でも歯車が合わなくて、一旦仕事を止めた後、ある日、カチャンとハマって動き出した経験があり、40代半ばのこの時期も止まったんです」。

引退も視野に入れ、再びこの世界に戻って来るとは思ってなかったと言う。「ところが49歳で『キングダム』とミュージカル『王様と私』への依頼が来て、面白そう、もう1度芝居をしてみようかなと思って。結果、カチッとハマったんですよ。復帰はきっかけだったけど、感謝の気持ちが生まれたんです。ずっと思ってはいたけど、40代の終わりに改めて仕事をいただけるってありがたい、と痛切に感じました」。

今は人との出会い、作品との出会いに心の底から感謝し、人生を賭けて応えたい思いでいっぱいだ。「50代以降輝くためには、40代の生き方がいかに大切かを痛感。時には踏みとどまることも大事だと思います」。

好きな女性のタイプを聞くと、「そんなのないよ。髪の長い人が好きとか10代の話でし(笑)」。40代の女性に対しては?「年齢は気にしない方がいいんじゃない? 40代の人生が乱暴になっちゃうから。40代でも10代とは違う青春ができるわけだし。僕も30代のとき、なんであんなに大人のふりして頑張ったんだろうと思う(笑)。人は何歳でも輝けるから」。

デビュー作が月9。久しぶりに戻ってきて、30年前とは違う輝き方をしたい。「作品を絶対に成功させたい。そればかり考えています」。

\大沢たかおさんの手/

長年役者をやっているせいで手は傷だらけ。最近は年齢も感じるけどケアは何もしてないですね。爪は切るけど磨かないし、ハンドクリームもつけません。手相は生命線がしっかりしていて、クロスが両方の手の真ん中にあり珍しいと言われます。数年前に突然ホクロが出現。「病気?」と心配になり病院に行くと「ただのホクロです」って笑われました(笑)。

2023年『美ST』12月号掲載
撮影/彦坂栄治(まきうらオフィス) ヘア・メーク/松本あきお スタイリスト/黒田 領 取材/安田真里 編集/伊達敦子

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

俳優・大沢たかおさん「一度は引退も視野に。50代以降輝くためには、40代の生き方が大切と痛感しました」

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと