PEOPLE

【年を重ねるって怖いことじゃない!】渡辺満里奈さん・野宮真貴さん・松本孝美さんの女史会トーク

美ST2月号「私たちはどう老けるか」企画に登場してくれた野宮真貴さん(63歳)、松本孝美さん(58歳)、渡辺満里奈さん(53歳)。「大人の女史会」プロジェクトでともに活動する3人が、50代から直面した美と健康の壁や、その対策を語ってくださいました。この記事ではさらに深掘りしてお話を伺います!

「大人の女史会」って?

「50代からの人生を楽しもう!」が合言葉。野宮真貴さん、松本孝美さん、渡辺満里奈さんの5歳違いの3人が「美しく・健やかに・幸せ」になるためのプロジェクトとして発足。
上の写真で松本さんが着用しているグレーのパーカは『大人の女史会』×「natiaral」のコラボアイテム。後ろ姿や気になる二の腕がスッキリ見えるロング丈。ダブルジップや首元を留めるボタンなど女性に嬉しいアイデアも満載。スウェット素材でもカジュアル過ぎず大人が着られるデザインです。詳細はブランドオフィシャルサイト:大人女史会コラボアイテム(https://www.natiaral.com/SHOP/233907/list.html)まで。

▶︎野宮真貴さん「若い頃と同じ『綺麗』じゃなくてOK。 無理なくできる『〝小〟綺麗』を更新中」

「多くの女性がそう思うように、私も何歳になっても『綺麗』でいたい。でも63歳になった今、若い頃の『綺麗』と同じではなく、無理なくできる範囲の『〝小〟綺麗』くらいがちょうどいいんじゃないかと考えるようになりました。
メークは昔から大好きで今も日々研究は怠りません。最近も黒いアイラインは古く見えるように感じるようになって、ブラウンに変えたばかり。まぶたも左右がアンバランスに下がってきたので、100均でみつけた水で貼り付けるアイテープを導入したら調子いいんですよ!

老眼も出てきているので、メークする時に拡大鏡は必須で5倍と10倍をパーツによって使い分けしています。老化って意外なところに出たり、なってみないとわからないことだらけ。ある意味、新鮮です。
このような試行錯誤もあるのですが、結局は年齢なんて気にしないのが一番! 30歳になったとき『あー老けちゃった』ってショックだったけれど、今になって考えてみれば無茶苦茶若いわけじゃないですか。人生で一番若いのは〝今〟なんだから、悲観しながら過ごすのはもったいない。その時々を楽しんで過ごせたらと思っています」

《Profile》
野宮真貴●1960年生まれ。歌手、エッセイスト。元祖渋谷系の女王として「渋谷系」ムーブメントを世界各国で巻き起こし、以来、音楽・ファッションのアイコンとしてワールドワイドに活躍中。2024年は恒例のビルボードライブツアーを開催。2/14(水)ビルボードライブ横浜、3/9(土)大阪、3/12(火)東京で予定。

▶︎松本孝美さん「55歳で白髪染めは卒業、白髪生かしカラーに。 3カ月に1度のお手入れになって、本当にラク!」

「50歳を過ぎてからの〝綺麗〟は『バランス』を考えてアップデートするようになりました。
このことに最初に気づかせてくれたのは髪。40代後半にサロンのトリートメントでツヤツヤにしてもらったら、そこにある自分の顔にちょっとだけ違和感を感じちゃったんです。『ハリがなくなってきた肌とバランスがとれなくて逆に老けて見える!』って。
私は40歳を過ぎた頃から急に白髪が増えてきて、モデルとして撮影に挑む前日に白髪の根元染めのためにヘアサロンへ駆け込むのがお決まりになっていたのですが、それにもちょっと疲れてしまっていた時期で……。
そんなこともあり、ヘアは程よいツヤ感をキープできる酵素カラーにして、必要に応じてトリートメントをお願いするようにしています。

3年前には思い切って白髪染めをやめ、白髪生かしのカラーリングにシフトしました。以降は季節やファッションの流行に合わせて、ヘアカラーのトーンを変えたりできるようになったので、白髪染めに奔走していた頃よりもヘアで遊びができるようになりました。
ヘアサロンは長年カキモトアームズに通っています。新しい店舗が麻布台ヒルズにオープンして、そのサロンには完全個室があり、周囲を気にせずゆったりとした空間でヘアのお手入れができるので今から通うのが楽しみです。

歳をとるとできなくなることも増えてきて『情けない』と思いがちですが、私は自分に対して『情けない』という言葉は意識的に使わないように、そして感じないようにしています。だって、なんでも若い頃と同じ様にできるはずがないでしょ。できなくなったことを悲しむより、残っている機能を高めたいですね。
好きだったファッションが似合わなくなり、着られなくなった服もあるけれど、逆に似合うようになったものもあります。例えばダイヤモンド! 若い頃より今の方がずーっと似合うようになったと感じています。ダイヤモンドが似合う大人になったって考えると、年齢を重ねることが喜びに変わってくるんです」

《Profile》
松本孝美●1965年生まれ。モデル。独自の審美感と感性がおりなす自然体のライフスタイルには老若男女問わず憧れの的。雑誌「HERS」で4年間連載した「孝美暮らし」をまとめた「暮らしを彩る『大人のままごと』」(光文社刊)が好評発売中。

\松本さんの美を支えているのはココ/

●カキモトアームズ 麻布台ヒルズ店 住所:東京都港区虎ノ門5-9-1 麻布台ヒルズ ガーデンプラザB 2F TEL:03-6432-4636 URL:https://info.kakimoto-arms.com/azabudaihills 営業時間:10:00~20:00 定休日:無休(施設に準ずる) 料金:カット¥8,400〜、ケアハイライト¥14,200〜 個室利用の場合は別途ルーム使用料(50%)あり。(要予約)

▶︎渡辺満里奈さん「美容医療って見た目だけじゃなくて、気分も若返りできるって50歳をすぎて実感しました」

「お仕事で野宮さんと孝美さんとご一緒することが多くて、私にとってお二人の存在は、こう年齢を重ねていけばいいんだっていう道しるべとなっています。だから歳を重ねるのも怖くなくなりました。

実は50歳を過ぎたある日、鏡で自分の顔をまざまざと見た時に『肝斑すごい、直視できない!』と感じて、迷わず美容皮膚科に駆け込みました。クリニックは広尾のスキンフィニティクリニックです。
肝斑治療を始めたら、肝斑が薄くなったこと以外に肌のキメも整ってトーンが明るくなったことが実感できました。そしてこれは予想外だったのですが、外見以上に自分の気持ちのテンションが上がって、様々なことに前向きに取り組むことができるようになったんです。美容医療って見た目だけじゃなくて、気分も若返らせてくれる効果もあるんだって実感しました。
肝斑の次は唇の縦ジワとか、細かいけれど気になっていた部分もケアするようになっているので『美容力』が確実に上がりました!

現在、53歳ですが年齢を楽しみたいと思っています。まだまだバカなこともできるし、あれこれと面白がることもできる。そんなチャレンジ精神は何歳になっても忘れないようにしたいと思っています」

《Profile》
渡辺満里奈●1970年生まれ。20代後半からは「台湾」「グルメ」「ピラティス」など常に半歩先に取り組み女性たちにブームを起こす。二児の母になった現在はTBS「ひるおび」、ニッポン放送「MUSIC1 0」にレギュラー出演中。

\渡辺さんの美を支えているのはココ/

●スキンフィニティクリニック 住所:東京都港区南麻布5-15-27 広尾リープレックスビズ3F TEL:03-5488-6388 診療時間:10:00〜19:00 休診日:木曜・日曜休診(祝日は不定休)

撮影/須藤敬一 ヘア・メーク、スタイリスト/三上津香沙(DBless)〈渡辺さん分〉 取材/安西繁美 編集/矢實佑理

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

【年を重ねるって怖いことじゃない!】渡辺満里奈さん・野宮真貴さん・松本孝美さんの女史会トーク

2024年4月号

2024年2月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT

Topics今、スキンケアで注意すべきこと