PEOPLE

「高校時代の元カレから手紙が届いて…」50歳が語る【3度目の結婚】

年齢を重ねると、恋愛や結婚の理想と現実について痛感したり、ただ一緒にいることのハードルが上がってしまったり。大人の恋は若い頃とはまた違う、覚悟や決意が必要なもの。現在50歳の中西さんは10年前に3度目の結婚。相手は高校時代の元カレでした。

高校時代の元カレの誠実さに心動かされ、3度目の結婚に踏み切りました

教えてくれたのは…主婦の中西麻奈美さん(50歳)

【DATA】

結婚歴:10年
プロポーズの言葉:結婚しよう。僕の全てをかけて幸せにします
プロポーズの場所:ハワイのハレクラニフレンチレストラン
お互いの好きなところ:
(夫)気遣いができて優しいところ
(妻)純粋で真面目。私の家族や友人を大切にしてくれる

出会いは青春真っ只中の高2の夏。江ノ島海岸で友達と写真を撮っている麻奈美さんに洋さんが「写真撮ろうか?」と声をかけ、グループ交際が始まりました。その後2人でデートを重ねるも、淡い恋は数カ月で終わることに。「2年後に偶然再会し告白されましたが、私は大学生で主人は浪人生、付き合うという選択肢はありませんでした」。社会人になりバリバリ仕事をしていましたが、麻奈美さんは27歳で1度目、37歳で2度目の離婚を経験。「2度の離婚で身も心もズタズタ、一人で生きていこうと決意した矢先、主人から手紙が。高校時代のピュアで優しい主人が懐かしくなり、会うことになりました。20年ぶりの再会は幼馴染みに会ったようで、辛かった出来事を主人に全て吐き出していました」「僕もその1年前に離婚を経験し、彼女の辛い気持ちを理解できたんです」。麻奈美さんは、かつて洋さんのことをソウルメイトのように感じていたことを思い出し、冷たく厚い氷に覆われていた心に、ほんのり日差しが当たったような感覚になったそう。

「末期がんだった父が亡くなる前に幸せな姿を見せたいという思いや、主人の純粋な愛に心を動かされ3度目の結婚を決意しました」「彼女が初恋の人でずっと忘れられなかったんです」。たくさん遠回りしましたが、最終的には運命の赤い糸で結ばれた2人。家族3人で穏やかに暮らす幸せを日々感じているそうです。

高校2年の冬ディズニーランドへ

洋さんの17歳の誕生日祝いをかねて2人でディズニーランドへ。文通するほど筆まめだった2人。数カ月の淡い恋でした。

末期がんだった父に見せられた幸せな姿

余命宣告を受けた父に希望を持ってほしくてハワイで挙式、東京で披露宴を。父が心底喜んでくれたことを今でも鮮明に覚えています。

2年の不妊治療の後。待望の娘が誕生

2度の筋腫手術、2年の不妊治療を乗り越え42歳で出産。受精卵をお腹に戻した日は父の命日、父が奇跡を起こしてくれました。

いくつもの奇跡で誕生した一人娘が何よりの宝物

日本には年2回ほど一時帰国。滞在先は自炊ができる都心のサービスアパートメント。日本から他国へ旅行しタイに戻ることも。

娘6歳の誕生日会はホテルのスイートで

インド駐在時、愛娘・美波の6歳の誕生日をホテルでお祝い。インドらしい衣装に身を包んで。大勢の友達が集まってくれました。

主婦・中西麻奈美さん(50歳)
大学卒業後、大手芸能プロダクションの社長秘書として15年間勤務。結婚後に退社。趣味は家族旅行、旅先でのスパ巡り、美容情報収集。

会社員・中西洋さん(50歳)
大学卒業後、総合商社に勤務。海外駐在歴はインド、タイ。趣味は車、旅先でのサーフィン、SUP、クロスフィット。

2024年『美ST』3月号掲載
撮影/吉澤健太、峠雄三、須藤敬一、中島洸 取材/安田真里、柏崎恵理、山田正美 編集/漢那美由紀

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

「高校時代の元カレから手紙が届いて…」50歳が語る【3度目の結婚】

2024年9月号

2024年7月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT