PRTIMES

脱マスクでメイクに使う金額に変化!? 4人に1人が「金額が増えた」と回答、使う金額が増えたメイクアップアイテムで最も多いのは「リップ(口紅、グロスなど)」

 インパクトホールディングス株式会社の完全子会社で、マーケティングリサーチ事業を展開する株式会社RJCリサーチ (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村松 篤、以下 「RJCリサーチ」 ) は、お仕事紹介サイト 「MediF」 に登録しているスタッフ、全国のメディアクルー342人 (20歳~59歳女性) に対して 「スキンケア・メイクに関する意識調査」 を実施いたしました。

 マスク着用の自由化など、コロナによる規制が緩和された中で、続く物価上昇やそれに伴う賃金アップなど、経済的な変化もここ数年で起きております。そのような状況下で消費者がスキンケアやメイクアップに対して、どのように考えているのか、スキンケア・メイクに使う金額や今後取り入れていきたいアイテムなどについて調査いたしました。

【調査結果サマリー】
・ マスク着用時期と現在を比べ、「スキンケアアイテム」 が21.9%、 「メイクアップアイテム」 が24.0%で使う金額が増加。
・ スキンケアアイテムで使う金額が増えたアイテムは 「美容液」 42.4%がトップで、「化粧水」 「シートマスク」 が上位に続く。
・ メイクアップアイテムで使う金額が増えたアイテムは 「リップ(口紅、グロスなど)」 55.2%が最も多い結果に。
・ ・今後取り入れていきたいスキンケアアイテム・メイクアップアイテムでは 「まつげ美容液」 30.9%が最も多く、「部分用アイテム (目元用美容液など) 」 「メイクフィックスミスト」 が上位に続く。メイクアップアイテムよりもスキンケアアイテムの方に関心が高い様子が見受けられる。

マスク着用時期と比べ、スキンケア・メイクに使う金額の増減

 マスクを着用していた時期 (2023年3月13日以前) と現在を比べて、スキンケアアイテムについて 「(金額が)増えた」 と回答したのは21.9%。メイクアップアイテムについて 「(金額が)増えた」 と回答したのは24.0%。

スキンケアアイテムで使う金額が増えたアイテム

 使う金額が増えたスキンケアアイテムとして最も回答が集まったのは 「美容液」 で42.4%。ついで 「化粧水」 36.7%、 「シートマスク」 35.0%となった。マスクの着用が個人の判断となったことで、顔全体についてもきちんとケアをしていきたいという意識が出てきた様子が見受けられる。

メイクアップアイテムで使う金額が増えたアイテム

 使う金額が増えたメイクアップアイテムとして最も回答が集まったのは 「リップ(口紅、グロスなど)」 で55.2%。ついで 「ファンデーション」 54.0%、 「化粧下地」 44.8%となった。 「リップ(口紅、グロスなど)」 については、口周りは今までマスクで隠れていた部位だったため、今後はそこに力を入れていきたいという意識の表れと思われる。

今後、普段のスキンケア習慣・メイク習慣に取り入れたいアイテム

 今後取り入れていきたいスキンケアアイテム・メイクアイテムでは 「まつげ美容液」 が最も多く30.9%。ついで 「部分用アイテム (目元用美容液など) 」 が21.9%、 「メイクフィックスミスト」 が19.4%。メイクアップアイテムよりもスキンケアアイテムの方に関心が高い様子が見受けられる。

まつげ美容液を使ってみたい理由
・ まつ毛美容液は良くSNSで成果が出ている様子を見て興味を持っている (20代前半)
・ マスクを外すことが多くなったことがきっかけで、アイメイクもしっかりしたくなったので、ひとまず高そうなまつ毛美容液を使ってみたい (30代後半)
・ マスクを外す機会が増えたのでいざという時のために (50代後半)

部分用アイテムを使ってみたい理由
・ いろんなアイテムを取り入れてアップデートしたいから (30代後半)
・ マスクを外した口もとが気になるようになったので、口もとのケアをしたいから (50代前半)
・ 部分的に気になるところがあるので専用のものを使いたい (50代後半)

メイクフィックスミストを使ってみたい理由
・ メイクが崩れやすいのでミストで簡単にお直ししてみたいと思っています (40代後半)
・ マスクなどでくずれやすいから (40代後半)
・ メイクの持ちをよくしたい。また肌のくすみなどを軽減するため (50代後半)

調査概要

調査手法 : インターネット調査
調査地域 : 全国47都道府県
調査対象 : お仕事紹介サイト 「MediF」 に登録している20歳~59歳女性
※年代構成比は2020年度実施国勢調査データをベースにウェイトバック集計しております。
調査期間 : 2023年7月7日(金)~11日(火)
有効回収数 : 342サンプル

【転載・引用に関する注意事項】
本レポートの著作権は、RJCリサーチが保有します。
調査レポートの内容の一部を転載・引用される場合には、事前にRJCリサーチまでご連絡ください。

お問い合わせの際には、以下の内容をお知らせください。
1.転載・引用したい調査レポートとその範囲。
2.用途・目的 なお、内容によっては、転載・引用をお断りする場合がございます。

※本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
例 : 「株式会社RJCリサーチが実施した調査によると…」

※以下の行為は禁止いたします。
・ データの一部または全部を改変すること
・ 本レポートを販売・出版すること
・ 出所を明記せずに転載・引用を行うこと

会社概要

会社名 : 株式会社RJCリサーチ (インパクトホールディングス株式会社 完全子会社)
代表者 : 代表取締役社長 村松 篤
設立 : 1967年7月 ※2017年12月に分社化により新会社として設立
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F
事業内容 : 市場調査、世論調査、社会調査等の企画設計、実施、集計分析、報告書作成、リサーチ・コンサルティング (最適な企画設計・分析手法のご提案) 、各種統計資料、一般資料の収集と分析等
WebURL : https://www.rjc.co.jp/

RJCリサーチでは、覆面調査員やアンケートモニターを募集しています。
あなたも覆面調査のお仕事やアンケートに回答してみませんか?
WebURL : https://medif.jp/

お問い合わせ先

【自主調査に関するお問い合わせ】
株式会社RJCリサーチ(インパクトホールディングス株式会社 完全子会社)
TEL : 03-5937-1501
E-mail : info@rjc.co.jp
URL : https://www.rjc.co.jp/

【報道関係者からのお問い合わせ】
インパクトホールディングス株式会社 広報担当
TEL : 03-5464-8321
E-mail : pr@impact-h.co.jp
CONTACT : https://impact-h.co.jp/contact/
コーポレートサイト : https://impact-h.co.jp/
サービスサイト : https://impact-h.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

脱マスクでメイクに使う金額に変化!? 4人に1人が「金額が増えた」と回答、使う金額が増えたメイクアップアイテムで最も多いのは「リップ(口紅、グロスなど)」

2024年8月号

2024年6月17日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT