PRTIMES

■【世代別・女性のデリケートゾーン事情を調査/「フェムケア」ライフステージや価値観で変化】 ≪デリゾの悩み≫ 8割以上「感じたことある」トップ3に 1.かゆみ 2.ニオイ 3.ムレ

◎専門医師が「女性・世代別/デリケートゾーン脱毛におけるメリット6選」を解説 : 1.美肌効果(自己処理からの解放) 2.オシャレを楽しむ 3.清潔に保つ 4.かゆみやニオイを軽減 5.妊活脱毛 6.介護脱毛


近年よく耳にするフェムテックフェムケアという言葉。フェムテックとは「Female(女性)」と「Technology(テクノロジー)」を掛け合わせた造語で、月経や出産、不妊、更年期ほか女性の健康課題を解決する製品やサービスのことを指します。

女性のからだに関するメカニズムや特徴、健康に関する話題はさまざまな企業や活動を通して以前に比べるとずいぶん話をしやすい環境にはなりましたが、デリケートゾーンの悩みやケアについてはまだまだ“公では口にしづらい”方もいらっしゃるかと思います。

そこで全国24院展開する医療脱毛専門院『リゼクリニック』(医療法人社団風林会/東京都新宿区、総院長:赤塚正洋)では、【≪女性・世代別≫デリケートゾーンの悩み・ケアに関する調査】を実施。
世代別での女性のからだの変化やライフステージとデリケートゾーンの関係ほかを調査しました。

また、フェムケアのひとつとして挙げられる「アンダーヘア脱毛」においても、ライフステージや価値観により、その捉え方は変化します。ついては、【世代別/女性のデリケートゾーン脱毛におけるメリット6選】を、新宿三丁目院院長の大地まさ代医師が、後半で詳しく解説いたします。



なお、当院の場合【人気の医療脱毛部位(女性)】は、1位「全身脱毛」、2位「ワキ(若年層がお小遣いの中ではじめて脱毛する部位として人気)」に次いで、介護脱毛や妊活脱毛などでも注目度が高い「VIO脱毛」が3位にランクイン。

【VIO脱毛を契約した女性患者数】「2022年度」と「創業当時(2010年度の12年前)」を比較すると49倍に増加(48.8倍)
また同期間中で【40歳以上】に着目した場合は68倍(67.6倍)増。若年層にとどまらず、世代を越えてその需要の高さが伺えます。

―――――― 各質問・詳細(※各世代の数値の詳細は添付のPDFをご覧ください。) ――――――

◆1.【フェムテック・フェムケアという言葉】女性の6割(60.9%)が「まったく知らない」と回答

◎「意味まで知っている」と回答は全体の5.3%、最多は20代で9.1%
◎「意味まで知っている」と回答、世代が下がるほど認知度は高い傾向に
◎50代の7割以上が「まったく知らない」と最多回答に(73.3%)

―――

■質問/あなたは「フェムテック」「フェムケア」という言葉を知っていますか?(単一回答)

意味まで知っている           5.3%
なんとなく知っている         17.9%
意味は知らないが聞いたことがある   15.9%
まったく知らない           60.9%

◆2.【フェムテック・フェムケアの中で興味関心があるものは?】「VIO脱毛」がトップ回答に(39.1%)

◎世代が下がるほど「VIO脱毛」と回答が多く、20代が半数以上と最多に(55.8%)
◎20代~40代は「VIO脱毛」がトップ回答に対し、50代トップ回答は「サプリ」となった
◎「デリケートゾーン専用保湿剤」と回答は50代に比べ20代は約5.3倍(20代:22.4%、50代:4.2%)
◎「尿漏れ防止グッズ」と回答、50代のトップ5にランクイン(10.3%)

―――

■質問/「フェムテック」「フェムケア」に関して、あなたの興味関心があるものはなんですか?(複数回答)

VIO脱毛             39.1%(20代 55.8%、30代 44.2%、40代 37.0%、50代 19.4%)
サプリ              28.6%(20代 25.5%、30代 27.9%、40代 31.5%、50代 29.7%)
漢方薬              21.8%(20代 18.2%、30代 18.2%、40代 31.5%、50代 19.4%)

デリケートゾーン専用ソープ    19.1%
生理用吸水ショーツ        16.2% 
VIO専用シェーバー        14.4%
月経管理アプリ          14.2%
デリケートゾーン専用保湿剤    10.5%
膣トレグッズ           8.9%
尿漏れ防止グッズ         6.7%
尿漏れ用吸水ショーツ       6.1%
月経カップ            4.5%

興味関心がない          29.7%

◆3.【女性特有の悩みに対する社会や企業の理解はある?】女性の半数(50.6%)が「理解がない」と回答

◎「理解がある」全体で22.1%、どの世代も2割程度にとどまる結果に
◎「理解がない」と回答最多は50代で5割以上(55.8%)

―――

■質問/昨今、社会や企業の間でも「フェムテック」「フェムケア」という言葉が使われるようになりました。
女性特有の悩みや不安に対し、社会や企業の理解があると思いますか?(単一回答)

理解がある  22.1%
理解がない  50.6%
わからない  27.3%

◆4.【女性が抱えるホルモンの影響からくる不調】1.疲れやすい(36.5%)2.イライラ(30.2%)3.頭痛(29.4%)

◎「デリケートゾーンのかゆみ」20代は約4割とトップ回答に(39.4%)
◎「ホットフラッシュ」が全体で15.8%に対し、50代では29.7%に上る結果に

―――

■質問/あなたは女性ホルモンの影響から、日常的にどのような不調を感じていますか?(複数回答)

疲れやすい         36.5%(20代 31.5%、30代 35.8%、40代 38.8%、50代 40.0%)
イライラ          30.2%(20代 32.1%、30代 35.8%、40代 29.1%、50代 23.6%)
頭痛            29.4%(20代 30.9%、30代 30.9%、40代 30.3%、50代 25.5%)

デリケートゾーンのかゆみ   27.0%
眠気             26.5%
腹痛             24.5%
腰痛             23.3%
冷え             22.9%
便秘             21.1%
憂鬱             20.3%
むくみ            18.8%
不眠             15.9%
ホットフラッシュ       15.8%
めまい            14.7%
動悸、息切れ         10.8%
デリケートゾーンの乾燥    10.5%
軟便             10.3%

感じていない          17.0%

◆5.【デリケートゾーンの悩み】女性の8割(80.6%)が「感じたことがある」と回答

◎世代が下がるほど「感じたことがある」割合が高い結果に
◎最多は20代で約9割(86.0%)となった

―――

■質問/デリケートゾーンの悩みを感じたことがありますか?(単一回答)

感じたことがある  80.6%
感じたことがない  19.4%

◆6.【女性が抱えているデリケートゾーンの悩み】1.かゆみ(75.2%)2.ニオイ(54.9%)3.ムレ(49.6%)

◎「かゆみ」30代が最多の79.1%、どの世代も7割近くが悩んでいるという結果に
◎「頻尿・尿漏れ」50代の約4人に1人が悩んでいることが判明(24.0%)、20代(6.3%)と比べ3.8倍

―――

■質問/今までに感じたことがある「デリケートゾーンの悩み」は何ですか? (複数回答)
※「デリケートゾーンの悩みを感じたことがある」と回答した方のみ回答

かゆみ             75.2%(20代 76.8%、30代 79.1%、40代 75.4%、50代 68.6%)
ニオイ             54.9%(20代 62.7%、30代 58.3%、40代 46.9%、50代 50.4%)
ムレ              49.6%(20代 44.4%、30代 57.6%、40代 50.0%、50代 46.3%)

生理の漏れ(経血漏れ)      46.8% 
下着や水着からはみ出る毛     44.7%
毛のチクチク感          34.6%
黒ずみ(色素沈着)        32.1%
かぶれ(湿疹・ただれ等)     24.4%
頻尿・尿漏れ            15.8%
婦人科検診などでの恥ずかしさ   15.0%
婦人科系の病気          12.8%
性交痛              11.7%
皮膚の乾燥             9.2%
将来のオムツ着用          8.5%

■7.【アンダーヘアの処理】女性の7割(72.8%)が「処理したことがある」と回答

◎世代が下がるほど「処理したことがある」と回答が多い結果に
◎最多は20代で8割以上に(83.6%)

―――

■質問/今までに「アンダーヘアの処理」を行なったことがありますか?(単一回答)

処理したことがある(脱毛済含む) 72.8%
処理したことがない         27.1%

◆8.【アンダーヘアの処理方法】1.剃毛(69.2%)2.ハサミでカット(42.4%)3.エステ脱毛(23.9%)

◎【医療脱毛での処理】20代の3割が経験済(30.4%)
◎世代が下がるほど「エステ脱毛」「医療脱毛」の経験の割合が高い傾向に

―――

■質問/今までにどのような「アンダーヘアの処理」をしたことがありますか?(複数回答)
※「アンダーヘアの処理をしたことがある」と回答した方のみ回答

剃毛          69.2%(20代 73.2%、30代 74.2%、40代 64.7%、50代 63.0%)
ハサミでカット     42.4%(20代 34.1%、30代 39.8%、40代 53.4%、50代 44.0%)
エステ脱毛       23.9%(20代 34.8%、30代 28.1%、40代 14.7%、50代 14.0%)

毛抜きで抜く       18.7%
医療脱毛         17.9%
家庭用脱毛器        6.4%
除毛クリーム        5.6%
ブラジリアンワックス    3.3%
脱色            0.2%
その他           0.4%

◆9.【アンダーヘア脱毛をする理由・メリットとは?】1.陰部を清潔に保つ(53.3%)2.下着から毛がはみ出るのを防ぐ(51.1%)3.生理時の不快感の軽減・経血漏れの解消(37.3%)

◎【世代別で理由に変化】20代・30代は「生理時」、40代・50代は「介護脱毛」となる傾向に
◎【介護脱毛】40代・50代は3位にランクイン(40代:43.0%、50代:37.6%)

―――

■質問/アンダーヘア脱毛をする理由・メリットはどのようなことがあると思いますか?(複数回答)

陰部を清潔に保つ            
53.3%(20代 56.4%、30代 57.6%、40代 55.8%、50代 43.6%)

下着から毛がはみ出るのを防ぐ      
51.1%(20代 52.1%、30代 55.8%、40代 51.5%、50代 44.8%)

生理時の不快感の軽減・経血漏れの解消  
37.3%(20代 55.2%、30代 41.8%、40代 35.2%、50代 17.0%)

ムレの解消               36.1%
見た目の美しさ             28.9%
かゆみ解消               27.6%
介護を意識・将来への備え(介護脱毛)  27.0%
ニオイの解消              26.4%
排泄時の拭き取りが楽           23.5%
かぶれ(湿疹・ただれ等)解消      13.6%
よりオシャレを楽しむ          11.5%
検査・入院など万が一に備えて       7.6%
白髪になると脱毛ができないため      7.1%
妊娠・出産を意識して(妊活脱毛)     6.7%
セックスの感度を高める          5.2%
妊娠中・授乳中を意識して         3.6%

とくになし                1.2%

◆10.【「妊活脱毛」どう思う?】半数が「必要」と回答(52.6%)、世代別の最多は20代で7割以上に(75.8%)

◎世代が下がるほど「必要」と回答の割合が高い傾向に
―――

■質問/妊娠前にアンダーヘアの脱毛をしておく『妊活脱毛』について、あなたはどう思いますか?(単一回答)

必要     52.6%
必要ない   12.1%
分からない  35.3%


――――――――――――

◎解説: リゼクリニック新宿三丁目院長・大地まさ代医師 プロフィール
近畿大学医学部卒業後、近畿大学病院呼吸器・アレルギー内科勤務。1992年に入都し、東京都福祉保健局疾病対策課長、港区保健所長などを歴任。
2015年より全国で24院展開する医療脱毛専門院『リゼクリニック』の新宿三丁目院 院長に就任。30年以上、医師として培ってきた経験を持ち、セラピストやコスメマイスターなどの資格も持つ、美容のプロ。

※インタビュー取材も承っております。

全国で24院展開の医療脱毛専門院『リゼクリニック』

・診療科目:美容皮膚科(医療脱毛専門)
・診療時間:10:00~20:00(不定休、予約制)

※提携院は各院に準ずる
※姉妹院に、男性専門の医療脱毛専門院『メンズリゼ』があります

本件に関するお問合せやご取材

《美容皮膚科リゼクリニック/医療法人社団風林会》
広報:伊藤美沙子・有堀紗織・下谷弥生
pr@rizeclinic.com

〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル8F
TEL:03-5155-6535
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

FEATURE

MAGAZINE

一生元気に!自愛ビューティ

■【世代別・女性のデリケートゾーン事情を調査/「フェムケア」ライフステージや価値観で変化】 ≪デリゾの悩み≫ 8割以上「感じたことある」トップ3に 1.かゆみ 2.ニオイ 3.ムレ

2024年5月号

2024年3月15日発売

FOLLOW US

HOT WORDS

PRESENT & EVENT